北原里英が全編中国語の台詞に挑戦 日中合作映画『安魂』2022年1月公開決定

日中合作映画『安魂』に北原里英が出演

 日中合作映画『安魂』が、2022年1月15日から岩波ホールほか全国順次公開されることが決定した。

 本作は、日向寺太郎監督初の日中合作映画であり、初の全編海外ロケを行った人間ドラマ。ベルリン国際映画祭金熊賞受賞を受賞したシェ・フェイ監督作『香魂女-湖に生きる』の原作者でもある中国の作家チョウ・ターシンの同名原作を映画化した。原作は、一人息子を若くして亡くした周氏の息子との魂の交流を綴った実体験を元にした物語。その原作の核となる“大切な人と死別し残された人々の心の再生”を冨川元文が脚本で大胆にアレンジを加え、全編中国ロケ・中国語により完成を迎えた。

 コロナ禍の直前2019年秋に中国で撮影され予定通り進んでいたものの、中国ロックダウンの影響で仕上げが一時ストップしていたが、2021年に無事完成を迎えた。詩の芥川賞と言われるH氏賞を受賞、谷川俊太郎の研究と中国語翻訳者としても知られるティアン・ユアンが企画から携わった。

 日本人留学生役を除く全キャストは中国の役者をキャスティング。主人公の唐大道を、ドラマ『打狗棍』で安徽衛視“國劇盛典“最優秀俳優賞を受賞したウェイ・ツー、息子・英健と青年・劉力宏の2役を、『青丘狐傳說』で注目を集めたチアン・ユーが演じる。そして日本人留学生・星崎沙紀役で、本作唯一の日本人キャストとなる北原里英が出演。北原は、全編中国語の台詞で演じている。

 日向監督と北原からはコメントが寄せられている。

コメント

日向寺太郎監督

『安魂』は原作者の周大新さんが息子を亡くされ、やむにやまれぬ気持ちで書かれている。
同じく子を持つ親として、父親の気持ちが痛いほどわかった。ある日突然大切な人を失った人が、どのようにして生きる力を回復するか、人間にとって生きる根源はどこにあるのか、私は周さんになったかのようにしてこの映画を撮った。

北原里英

安魂、参加させていただきました!
唯一の日本人キャスト、全編中国語のセリフ、慣れない土地に慣れない撮影環境……!
初めてづくしでかなり刺激的な毎日でした!自分のセリフに字幕がついているのはなんとも不思議です。
お話は、中国の文化がしっかりとありつつも、日本人のわたしでも分かりやすく、感情移入できるものになっています。
さらに中国の俳優のみなさんのお芝居が素晴らしすぎて、それを間近で拝見できて光栄でした。
みなさんと言語の壁を越えてコミュニケーションがとれたこともいい思い出です。お楽しみに!

■公開情報
『安魂』
2022年1月15日(金)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー
出演:ウェイ・ツー、チアン・ユー、北原里英
原作:チョウ・ターシン
監督:日向寺太郎
脚本:冨川元文
総合企画:田原
音楽:Castle in the Air
配給:パル企画
製作:河南電影電視製作集團/秉德行遠影視傳媒(北京)/パル企画/大原神馬影視文化発展/浙江聚麗影視傳媒/北京易中道影視傳媒
(c)2021「安魂」製作委員会



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる