トム・ホランド×ゼンデイヤの長年にわたる恋路を解説 “My MJ”で正式交際発表!?

トムホ×ゼンデイヤの恋路を徹底解説

 先日、予告編が公開され世界中で話題となった『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で一気に距離が縮まり、晴れて恋人となったパーカーとMJだが、現実世界でもこの2人のカップルが注目の的となっている。というのも、トム・ホランドがゼンデイヤの誕生日(9月1日)に、お祝いのInstagramポストを投稿。そこには「My MJ, have the happiest of birthdays. Gimme a call when your up xxx(僕のMJ、最高に幸せな誕生日を過ごしてね。起きたら電話して(キス))」と書かれていたのだ! “僕の”表現に、全世界が遂に「(交際を)オフィシャルにした!」とお祭りモードである。なぜなら、本当に“ようやく”だからだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿

トム・ホランド公式Instagramより

 彼らの出会いは2016年ごろ、『スパイダーマン:ホームカミング』のキャスティングまで遡る。この頃、ホランドは自分の女友達とゼンデイヤとともにプールで遊ぶなど交友を深めつつ、お互いのインスタグラムに写真を載せ合うようになった。同年の7月7日のPeople誌にはホランドは彼女との関係性について「親友みたいなもの。彼女は素晴らしくて、素敵な人」と答えている。また、すでにディズニーチャンネルでキャリアを積んでいたゼンデイヤに対して、ブレイクしたての彼は「どうしたら有名でいることに対処できる?」とアドバイスももらっていたそう。

 そんな彼らの交際の噂が立ち始めたのが、2017年7月。『スパイダーマン』の撮影中に仲を深めた2人が秘密裏にバカンスに行き、人目を忍んで愛を育んでいるとPeople誌に報道したのだ。しかし、これをゼンデイヤは完全否定。

 ツイッターで「待って待って……最高にウケるのが、バカンスに一緒に行ったって部分! 何年もバカンスに行ってないのに! あなたはどう?」とホランドにメンションを飛ばすと、彼も「プレスツアーってカウントされる?」と、ふざけながらこの報道を否定した。8月にはVarietyでのインタビュー時にゼンデイヤが再び、ホランドとの交際説を否定。「彼は素晴らしい人で、本当に親友の1人」と言い、何カ月か一緒にプレスツアーをしているだけと語った。

 しかし。2018年のメットガラでのゼンデイヤの美しさに感動したホランドはインスタで彼女の写真を投稿。「All hail the queen. Killing it.mate!(誰もが女王をたたえている。きめたね!」)とコメントが添えられている。注目したいのは、この「mate」という単語。イギリス英語のこれは、アメリカで言う「dude」みたいなフランクさがあってでよく友達に対して使われるものだ。度重なる交際否定に、この雰囲気、ファンは2人が本当にただの親友なのかもしれないと思いはじめていた。2019年にホランドがネッド役のジェイコブ・バタロンとゼンデイヤと撮ったツーショット写真で、なんと自分の股間部分にゼンデイヤをタグ付けする事件が起こり、一瞬ざわついたもののゼンデイヤ本人は「ただインスタグラムのやり方がわかっていないだけでしょ」とスルーし、その後ホランドがすぐ顔部分にタグを付け直す出来事があった。

 ただ、これも単なる、友人を通したおふざけに思われたのはその数カ月後となる8月に、ゼンデイヤが主演ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』で共演した俳優のジェイコブ・エローディとギリシャでバカンスを過ごしていたことが報道されたからだ。一方、ホランドも2020年初旬頃から女優のナディア・パークスとの交際が報じられた。しかも、デイリー・メール誌によるとホランドはロンドンのロックダウン中、彼女と同居を始めたとのこと。情報提供をした関係者によると、関係性はうまくいっていて、ホランドが自分の友達に対して彼女とオフィシャルな関係であることも話していたそうだ。

 もしかしたら、本当にいい感じになっていたかもしれないけれど、何かの弾みにお互い違う恋人を作って違う道を行ったのかもしれない、ホランドとゼンデイヤ。ところが、事態は2020年9月1日……ちょうど今日から1年前のゼンデイヤの誕生日に変わり始める。彼女とバカンスをともに過ごしたジェイコブ・エローディが、シンディ・クロフォードの娘でもあるモデルのカイア・ガーバーとその日にデートしていたことが目撃され、2人の関係性が終わっていることが明らかになったのだ。

 そして2021年の7月には記憶にも新しい、ホランドとゼンデイヤが赤信号で停止中の社内でいちゃつく姿をゴシップ誌ページシックスが激写。さらに、その前日にはロスでディナーをしている姿も目撃されていたのだ。その後、E!Newsのインタビューにてゼンデイヤはこれまでの『スパイダーマン』の撮影を振り返るが、ホランドを含む共演者全員に対して「みんなで成長できたことは特別だった」と、濁した答え方をしている。しかし、同月23日でのUs Weekly誌には「2人の関係がうまくいっているのは、軽い付き合いにしていて、ホランドがゼンデイヤを笑わせるから」という情報筋からのコメントが寄せられていた。

 8月22日には友人の結婚式に2人で出席している様子が、同席者のインスタストーリー投稿で発覚。そして、今日の「僕のMJ」に至るというわけだ。長かった! ホランドのその投稿には、ゼンデイヤ自身も「今電話する(ハート)」とコメント。さらに、メイおばさん役のマリサ・トメイも薔薇の絵文字で反応している。それ以外にも、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のJ・A・バヨナ監督が「美しい写真だ」、イギリスの総合格闘家アーノルド・アレンが「しっかりやれよ」、MTV公式が「朝起きて最高の出来事」、そして『スパイダーマン』公式が「うるうる絵文字」と、あらゆる有名人から祝福のコメントが寄せられているのだ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zendaya(@zendaya)がシェアした投稿

ゼンデイヤ公式Instagramより

 そしてバースデーガールのゼンデイヤは自身のインスタグラムで「Quite literally full on love. Can’t tell you enough how much it all means to me. Here’s to 25(文字通り愛情いっぱい。どれだけ私にとって意味のあることか伝えきれないくらい。25歳になりました!)」というコメントとともに幼少期の写真を投稿していた。オフィシャルにしたホランドに向けてのメッセージにも捉えられるが……今後も、映画での展開を含め全世界がこの2人を応援していくことになるだろう。

参照記事:Zendaya and Tom Holland’s Relationship: A Complete Timeline
Zendaya, Tom Holland finally confirm they’re dating with steamy car makeout



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる