仲野太賀、ドラマを通して考える“新しい家族”の形 「助け合える社会になれば」

仲野太賀が考える“新しい家族”の形

 重岡大毅(ジャニーズWEST)主演の金曜ドラマ『#家族募集します』(TBS系)は、SNSをきっかけに集ったシングルファーザー/マザーが、ひとつ屋根の下で協力しながら子育てをしていく令和らしい新たなホームドラマだ。

 喜びも悲しみも悩みも痛みもみんなでシェアをしていこうと奮闘する姿に、毎回笑ったり泣いたり。新しい時代の家族観を提示するストーリーへの共感に加えて、才能あふれるキャスト陣の熱い演技にも注目が集まっている。

 なかでも、主人公・赤城俊平(重岡大毅)の幼なじみで「#家族募集します」の発起人とも言える小山内蒼介を演じる仲野太賀は、ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)や映画『すばらしき世界』など話題作への出演が続き『2021年 上半期ブレイク俳優ランキング』(ORICON NEWS調べ)で、1位に輝いたことでも話題に。

 そんな勢いに乗る仲野に、『#家族募集します』に参加して感じていること、共演者たちへの思いについて聞いた。(佐藤結衣)

仲野太賀インタビュー撮り下ろしカット

ちょっぴりお節介で強引な蒼介とは真逆の性格

――毎話、鑑賞後にはすごく温かな気持ちに包まれるのですが、撮影現場の様子はいかがですか?

仲野太賀(以下、仲野):現場は本当に和やかです。重岡くんがみんなを引っ張って盛り上げてくれています。(インタビューを受けている隣の部屋から)ほら歌声が聞こえてきた(笑)。こんなふうに自然と笑顔になる、温かな空気を作ってくれる人ですね。

――話を見進めていく中で配役の妙と言いますか、みなさんこの役にはこの俳優さんしかいなかったと感じているのですが、仲野さんご自身と蒼介というキャラクターは似ていると思われますか?

仲野:ありがたいですね。みんなでワイワイ楽しく過ごしたいって思ってるところは近いのかなと思いますけど、あのちょっと強引なくらいパワフルに人を巻き込んでいくところは真逆ですね(笑)。だからこそ、演じていて楽しい部分でもあります。あんなふうに勢いのある人って、今はなかなか見ないじゃないですか。そういう珍しいタイプの役を、いかにリアルに説得力を持って演じられるかっというのは、楽しい挑戦です。

――すごくリアルに感じられたので、仲野さんも蒼介と近い性格なのかと思いました。

仲野:それはうれしいです、とっても。

――その周囲にいないタイプを説得力を持って演じるために意識されていることはありますか?

仲野:身近にはいないんですけど、全く見たことがないわけじゃなくて。例えば、『男はつらいよ』の寅さんみたいな。昔の映画やドラマで見ていた、人間臭くてみんなに愛されるキャラクターっているじゃないですか。こんな人がいたら楽しいだろうな、と感じられる人。蒼介を演じながら、視聴者のみなさんにとって、そんなふうに記憶に残るキャラクターになってたらいいなっと思っています。

撮影の合間には、石橋蓮司を質問攻め!?

――第1話で蒼介が子どもたちの短冊を見て思わず「泣きそう」と感極まる演技があまりに自然だったので、アドリブかなと思ったのですが。

仲野:あー、いやあれは台本通りです。台本通りではあるんですが、とにかく現場が明るくて普段からコミュニケーションが取れているし、信頼関係が築けているので、おのずと自然体な空気感になるのかなと思いますね。

――社会がまだまだ混乱している中で、なかなか共演者の方ともコミュニケーションが取りにくい形になってしまったのかなと思っていたのですが。

仲野:そうですね。確かに以前のように“飲みに行こう”ということはできないので。それがあればもっと……とは思いますけど。だからこそ今は、撮影の合間のちょっとしたタイミングで、お互いコミュニケーションをしっかり取っていく意識にはなっていると思います。

――第3話の放送直前に、重岡さんと行ったインスタライブでは、もうすっかり友人という関係性が伝わってきました。木村文乃さん、岸井ゆきのさんとはいかがですか?

仲野:文乃さんは僕と重岡くんより少し年上なんですけど、そんなことを感じさせないとてもフランクな方で、家族の設定をなんの違和感もなく演じられる空気を作ってくださるというか。とても素敵な女優さんだと思います。岸井さんとは何度か共演させてもらっているんですが、お芝居も素敵で、本当に信頼できる方ですね。

――岸井さん演じるめいくは、蒼介ともいいコンビですよね。

仲野:そうですね。お互いに近い感覚を持っているのがわかるので、シーンについて改めて話し合う必要もないし、自然にあの空気感が生まれるというか。一緒にお芝居をしていて、楽しい女優さんです。

――また、いいコンビといえばお好み焼き屋『にじや』の店主・野田銀治役の石橋蓮司さんとの絡みも楽しみのひとつです。

仲野:蓮司さんは、もう現場にいてくださるだけで嬉しいですね(笑)。いつも質問攻めしちゃっています。これまでに出演されていた映画の話とか、当時の演劇の背景とか、歴史についてとか。

――ドラマを観ていると「おやっさん」のツンデレイメージがありますが。

仲野:蓮司さんはとてもフランクな方なんで、質問したことに対して、すごく優しく細かくお話ししてくださるんです。この際だから、聞けるだけ聞こうって、ずっと質問していますね(笑)。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる