>  > 太賀×石川慶監督『十年』対談

太賀×石川慶監督『十年』対談 「太賀くんはこの世代ピカイチだとずっと思っていた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』(2015年製作、日本公開2017年)をもとに、日本、タイ、台湾それぞれで、自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5名の新鋭映像作家が独自の目線で10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト『十年 Ten Years International Project』の日本版『十年 Ten Years Japan』が11月3日より公開となる。本プロジェクトでは、エグゼクティブプロデューサーとして参加した是枝裕和監督によって、脚本のオリジナリティ・クオリティ・将来性から選ばれた5人の新鋭監督たちが“十年後の今”を描く、5つの物語が展開される。

 今回、リアルサウンド映画部では、『十年 Ten Years Japan』より、徴兵制が導入された日本を舞台に、広告代理店で働く若者(太賀)と、戦争で父を失ったベテランデザイナー・天達(木野花)のやり取りを描いた『美しい国』の石川慶監督と、主演の太賀にインタビュー。是枝監督からのアドバイスや、10年後の日本像、撮影の裏側まで話を聞いた。
【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

 太賀「『すぐにやりたい』」と事務所にも伝えました」

ーー今回、『十年 Ten Years Japan』に参加したきっかけを教えてください。

石川慶(以下、石川):この『十年 Ten Years Japan』の発端である、香港の『十年』を僕も観ていたんです。若手の映画作家が集まって、映画を作って、社会現象になるという成り立ち自体がすごく映画的だし、いいなと思っていた時にちょうど声をかけていただきました。だから迷いもなく「やります」とお返事をして、プロットを出させてもらいました。

ーーキャスティングもご自身で?

石川:そうですね。太賀くんに関しては、企画書の段階からイメージキャストでずっと書いていて、なかなか難しいだろうなと思っていたらなぜかOKしていただけて(笑)。

ーー太賀さんは、オファーをいただいたときの心境は?

太賀:すごく嬉しかったです。石川監督にも「なんで出てくれたんですか?」とか言われるんですけど(笑)、むしろ迷う理由がなかったというか。石川監督と一緒に映画を作れることはもちろん、この『十年 Ten Years Japan』という企画に魅力を感じたのもありますし、脚本がとても面白くて素敵だったというのもあって、「すぐにやりたい」と事務所にも伝えました。

ーー今回、是枝裕和監督がエグゼクティブプロデューサーとして参加しています。是枝監督のプロデュースによる変化はありましたか?

石川:是枝監督と面談をして、脚本を見ていただいて、本当に細かくアドバイスをいただきました。例えば最初、木野花さんの役はデザイナーではなく、画家という設定だったんです。藤田嗣治がすごく好きで、共感するところもあったので、画家をモチーフにしていたんです。そうしたら、是枝監督が「画家っていうのはどうなんだろうね?」と。「古風な感じがして、それもいいけれど、もうちょっと現代的な感覚にならないか」という話をして、グラフィックデザイナーという設定になりました。それは一例なんですけれど、すごく核心を突いたアドバイスをたくさんいただきながら進んでいった、という感じです。

ーー是枝監督のアドバイスから学んだことはありますか?

石川:是枝さんは元々ドキュメンタリーをやられているのもあってか、キャラクターに対してもテーマに対しても、すごく誠実な方でした。押し付けがましくないというか。政治的なテーマを扱うにしても、自分の意見を表明するんじゃなくて、なるべく「自分の話」として書くようにという話をされていました。太賀くんの役柄に関してもアドバイスをもらって、どういう風に語ればちゃんと伝わるのかを教えてもらいましたね。

「太賀×石川慶監督『十年』対談 「太賀くんはこの世代ピカイチだとずっと思っていた」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版