松坂桃李×仲野太賀、共演するたびに受ける刺激 新鮮さと緊張感が生まれる関係性に迫る

松坂桃李×仲野太賀、共演するたびに受ける刺激 新鮮さと緊張感が生まれる関係性に迫る

 “ハロー!プロジェクト”に魅せられた仲間たちの日々を描く青春映画『あの頃。』が公開中だ。

 主演の松坂桃李が「ハロー!プロジェクト」に青春を捧げるアイドルオタクを演じ、共に昼夜オタ活に勤しむ個性豊かなオタク仲間には、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ(ロッチ )が集結。『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬が脚本を手がけ、『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉がメガホンを取った。

 これまで、何度も共演歴がある松坂桃李と仲野太賀。写真撮影時には、松坂と仲野が向かい合い、「こんなに近くで太賀を初めてみたかも」「この距離ないですね。かわいいでしょ」「かわいいね」というやりとりも。今作を含め、共演するたびに「超新鮮」と明かすほど、いまだにお互いの新しい顔を見るという。

 今作を通して魅せられた“アイドル”という存在について、2人は同じ表に立つ側ではあるが、「僕たちとは違う」と語る。その魅力について話を聞いた。

「好きなものに没頭してる姿には“なにか”が滲み出てる」

ーー劇中でハロプロメンバーへの熱い想いを語ったり、ハロプロの楽曲をカバーして演奏したり、オタク仲間の「恋愛研究会。」メンバーたちが一緒に過ごすシーンは観ていてとても微笑ましかったです。銭湯のシーンが特に好きでした。

松坂桃李(以下、松坂):そのシーンはとにかく熱すぎました(笑)。

仲野太賀(以下、仲野):のぼせましたね。

ーー実際の銭湯の温度だったそうですね。

仲野:そうそう。大変でしたね。

松坂:現場のスタッフさんが間違えて、「そのままの温度にしちゃいました〜」って。あ、この日がクランクアップだったのかな。

仲野:そうだ! みんなのぼせながらクランクアップしました。

松坂:だから鮮明に覚えてないんだ(笑)。

仲野:やばそうでした。

松坂:やばかった。

ーー(笑)。太賀さん演じるコズミンをはじめ、メンバーのひとりひとりに癖がある、愛らしさに溢れた人たちばかりで。実際に演じてみて、アイドルオタクにどんな印象を持ちましたか?

松坂:撮影に入る前、太賀と代々木にモーニング娘。’19のライブを観に行ったんです。実際に会場にいたファンの方たちは、とても献身的だったよね。

仲野:はい。とっても。

松坂:ハロプロオタクの方たちのことを観察してみたら、年配の方も多くて、応援の仕方だけでも、長いこと愛して、応援を続けてきたんだろうなっていうのが見ていて分かるんです。ちょっと歴が浅そうな方だと「ワー!」っとわかりやすく元気に応援するけど、歴が深そうな方だと若干落ち着いていて。自分が、“ここは本当に応援したい”というタイミングがあるように思えました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

仲野:やってましたね。抜きどころを知ってるやり方でしたよね。

松坂:そう。ベテランの応援の域というか。そこにこだわりと愛情があって、本当に“好きだ”っていうのが滲み出ているんです。そういう姿を見れたとき、なんだかすごく嬉しくなったんですよね。

仲野:会場がすごく無垢な笑顔で溢れているなって感じました。普段の日常の中で、なかなか大勢の人が集まってみんなで笑ってるっていう状況はあまりないと思うから、会場の中のみんなが幸せそうで、すごく多幸感を覚えて。

松坂:あったね。自分が好きなものを同じように「好き」って言ってくれる人たちと一緒に盛り上がれることって、幸せだよね。

仲野:そうですね。自分が好きなものを、すごく肯定してもらえてる時間って幸せだろうなって。そういう空気感も映画の中に滲めばいいなと思っていました。

ーー推しのアイドルを熱弁するときの口調など、実際の“オタクっぽい”言動も印象的でした。

松坂:みんな、それぞれ変なんですよね。いわゆるテンプレじゃなくて、オタクといえばこうって決まった動きはないんですけど、好きなものに没頭してる姿って、やっぱりどういう動きであれ、他の人から見るとなにか滲み出てるんじゃないかな。

仲野:なんか熱っぽいというか。体温が高い感じですよね。

ーー握手会の待機中、ハンカチで何度も手汗を拭いてしまっていたり。

松坂:手汗、本当に拭くんですよ。僕も写真集を出させてもらったとき、握手会をやったことがあって。そのとき、すごく拭いている方もいれば、全く目を合わせてくれない方とか、いろんな方がいて。そのときを思い出しましたね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる