松岡昌宏がアイドルオーラ封印 『連続ドラマW 密告はうたう』迫真の演技で新境地を開く

松岡昌宏『密告はうたう』迫真の演技で新境地

 松岡と共演するキャストもハマり役。泉里香は斎藤工と共演する「Indeed」のCMでおなじみだが、これまでセクシーな魅力も買われての役柄が多かったところ、今回は硬派な警察官役。結婚間近だった恋人を失い、その死に関して何かを隠している皆口という複雑な役どころで繊細な演技を見せている。映画『日本のいちばん長い日』の陸軍将校役が印象的だった戸塚祥太は、まっすぐな性格ゆえにひとりで危険な現場に飛び込み命を落としてしまった斎藤を好演。仲村トオルも、非情なようでいて実は公僕としての使命に突き動かされているのかもしれない能馬のミステリアスさを体現している。また、池田鉄洋は、公安出身で顔色一つ変えずに佐良を全否定する鉄仮面の須賀を怪演し、強烈なインパクトを残す。さらに、キーパーソンとなる役で全裸お盆芸のアキラ100%が出演しているのにも注目だ。

 俳優がいい演技を見せられるのは、演出に明確なビジョンがあってこそ。これまでも「ドラマW」枠で『殺人分析班』シリーズなどを手掛けてきた内片輝監督が、海外ドラマのようにスタイリッシュな映像で原作小説にある複雑な人間関係と細かく散りばめられた伏線を見やすく構成。ひとりひとりは弱い人間である警察官の苦悩を描き出している。松岡が「誰もが被害者になる。そして、誰もが加害者になりうるという考えさせられるテーマ」(前出のインタビュー動画)と語ったとおり、単純に正義感のある刑事が悪と戦うというような話ではない。謎だらけの序盤から、しだいに佐良たちの抱える事情が見えてきて、誰がどんなふうに警察官としての道を踏み外してしまったのかということも明らかに。そのスリリングな展開を楽しみながら、「その密告が何を“うたって”いるのか聞き分けて」というセリフもあるように、このドラマが伝えようとするメッセージに耳を傾けたい。

■放送情報
『連続ドラマW 密告はうたう 警視庁監察ファイル』(全6話)
WOWOWプライム、WOWOW 4K、WOWOWオンデマンドにて、8月22日(日)より放送・配信スタート
※第1話無料放送
出演:松岡昌宏、泉里香、池田鉄洋、三浦誠己、戸塚祥太(A.B.C-Z)、秋元才加、眞島秀和、ブラザートム、松浦祐也、アキラ100%、千葉哲也、甲本雅裕、木下ほうか、木村祐一、鶴見辰吾、仲村トオル
原作:伊兼源太郎『密告はうたう 警視庁監察ファイル』(実業之日本社文庫刊)
監督:内片輝
脚本:鈴木謙一
音楽:大間々昂
企画・プロデュース:武田吉孝、下田淳行
プロデューサー:井口正俊、星野秀樹
制作プロダクション:ツインズジャパン
製作著作:WOWOW
公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/mikkoku/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる