永野芽郁×戸田恵梨香が勇気をくれる『ハコヅメ』 『ガール・コップス』との共通点も

『ハコヅメ』と『ガール・コップス』の共通点

 『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)は、泰三子の原作『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』を元に、根本ノンジが脚本を手掛けたドラマだ。

 埼玉県の町山交番で働く警察官になったものの、日々の業務に辟易し、辞職願を隠し持って仕事をしていた川合麻依(永野芽郁)が、元刑務課のエースだった藤聖子(戸田恵梨香)が赴任してきたことで、徐々に変化していく。

 女性新人警官が失敗を重ねながらも成長していくという作品なら、刑事ものに限らずたくさんあった。でも、一部のドラマを除いては、まだまだ女性の働き方の描かれ方が、ステレオタイプでモヤモヤすることも多かった。

 本作の川合麻依は、まだまだ経験が浅い。それ故に、容疑者への取り調べで、刑事らしからぬ率直な質問をして、逆に誰も聞けないようなことが聞けてしまうビギナーズラックなど、経験の浅さが良い方向に描かれることもあるのだが、そうした「ドジ」なエピソードだけではないところが、本作を良いと思える所以だ。

 こうした仕事の部分の描写で川合をリードしているのは、戸田恵梨香演じる藤聖子の存在だ。先述の取り調べがうまくいったのも、藤が「なにごとも経験」と、川合をうまく誘導したことがきっかけであった。

 この藤は、優秀な刑事であり、管内の未決事件の全部が頭に入っているような人物である。なにかと共に働くことの多い刑事課の源誠二(三浦翔平)とは警察学校の同期で、源が藤のことを「永遠のライバル」と認める発言をしたときも、「おこがましいわ、あんたじゃ永遠に追いつけないから」とビシッと返す頼もしさがある。

 実際に、藤は、いろんなことが頭に入っており、また犯人逮捕の際にも卓越した観察眼があり、その「人を見る」能力を、おしげもなく後輩の川合にも発揮する。彼女が困っていたり、戸惑っていることを、見抜いて助言ができるのだ。

 先輩が圧倒的な経験で後輩を導く話というのは、現代では、なかなか描きにくい点があるかもしれない。今であれば、上の立場が指導することも、パワハラととられかねない。本作でも、藤が刑務課のエースであったのに、なぜ交番で勤務する「ハコヅメ」になったのかの理由にも、過去にパワハラがあったことをうかがわせる台詞がある。とはいえ、そこにはきっと何らかの理由があるだろう。藤の過去に何かがあったということも、今後の展開の鍵となるだろう。

 先輩として川合を導くのは藤ばかりではない。先述の源をはじめ、藤や源のひとつ下の山田武志(山田裕貴)も、自身の経験から性犯罪の捜査に関して川合に真摯にアドバイスをする。このシーンには胸を打たれた。楽に仕事をすることばかりを第一に考えている交番の所長・伊賀崎秀一(ムロツヨシ)も、のらりくらりしているように見えて、実は藤の過去を知った上で、彼女たちをそっと見守り、ときには陰で助け船を出している。そして、そのベースには、みな、地域の人々の暮らしを守りたいという動機があるのがわかる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる