永野芽郁×戸田恵梨香は回を増すごとに魅力的に 『ハコヅメ』に新たな朝ドラ常連役者も

『ハコヅメ』に朝ドラ常連役者が

 『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)第4話は、ドラマスタートから初めての続き物。第3話で起こった女子中高生を狙った連続傷害事件に川合(永野芽郁)が描いた似顔絵が大きな手がかりとなり、強面刑事の揃う“強面選抜大会”こと特別捜査本部に藤(戸田恵梨香)と川合が参加することになったのだ。

『ハコヅメ』第4話場面写真

 第1話から第3話までが藤と川合に、伊賀崎(ムロツヨシ)、源(三浦翔平)、山田(山田裕貴)、牧高(西野七瀬)といったメインキャストの紹介だったと考えれば、第4話で描かれているのは川合の成長、そして藤とのペアの関係性の変化である。

 被疑者である安田(北澤ひとし)を確保するべく走る川合の姿は第1話で商店街を全力疾走していたシーンを思い起こさせる。「やっぱダメじゃん。私……」と肝心なところで転んでしまうところもあの時とそっくり。けれど、違うのは「川合! 立て! 走れ!」とケツを叩いてくれる先輩、ペアがいること。

 その声で川合は立ち上がり、再び犯人を追いかける。捕まえたのは“壁にドーン!”で安田を動けなくした源であるが、被害者である彩菜(畑芽育)を引きこもっていた部屋から出したのも、能力として開花した似顔絵で犯人特定に繋げたのも全て川合の手柄である。

 「こんなヤツらのせいで……」と犯人を憎む警察官としての心が芽生えたのは一番の成長であり、藤からの影響も垣間見えるポイントだ。ちなみに、原作では彩菜に献身的に付き添っていたのも、「こんな…クソ野郎のせいで…っ」と本心をあらわにするのも牧高。ドラマの構成上、仕方ないとはいえ、もう少し牧高が活躍する回があってもいいのではないかとも思ってしまう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる