ティモシー・シャラメが覚醒 『DUNE/デューン 砂の惑星』US版本予告&キャラポスター公開

 10月15日に公開される映画『DUNE/デューン 砂の惑星』のUS版本予告とキャラクターポスターが公開された。

 フランク・ハーバートのSF小説シリーズを、『メッセージ』『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴが新たに映画化した本作。砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に、全宇宙の未来を託された主人公ポールの運命、宇宙世界の混迷を軸にした壮大なドラマが展開される。

映画『DUNEデューン砂の惑星』US版本予告

 公開となったUS版本予告は、美しき砂の惑星“デューン”にミサイルが放たれ、不穏な世界を予感させるシーンから幕を開ける。夢のなかに登場する謎の女性に「ポール」と呼び掛けられ目を覚ます主人公ポール・アトレイデス(ティモシー・シャラメ)。彼には“未来が視える”という能力があった。夢に出てくる青い瞳を持つ謎の美女・チャニ(ゼンデイヤ)の正体とは。

 全宇宙を支配する皇帝の命を受け父レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック)、母レディ・ジェシカ(レベッカ・ファーガソン)らと共に、過酷な砂の惑星“デューン”に降り立つポールだったが、落ち着く間もなく宿敵ハルコンネン家が急襲し、戦争が勃発する。アトレイデス家に仕えるガーニイ(ジョシュ・ブローリン)や最強の戦士ダンカン(ジェイソン・モモア)が果敢に立ち向かうが……。巨大な陰謀により父レトを殺され、全宇宙から命を狙われるポールは復讐のため、そして宇宙平和のために立ち上がる。彼の運命はいかに。

 最新映像に加え、主要キャラクター9人のキャラクターポスターが到着。主人公ポールをはじめとするアトレイデス家、宿敵であるハルコンネン家、そしてポールが砂の惑星“デューン”で出会い、ともに戦うことになる青い瞳を持つ現地の自由の民フレメン、度々ポールの夢に登場する謎の美女チャニの姿も確認できる。

 また、アメリカ現地時間7月19日にIMAX社で、本予告の全世界解禁に先駆け、巨大なIMAXスクリーンと最高の音響で、映像を世界最速で体験するという特別イベントが開かれた。特別に参加を許された、アメリカ国内と世界中から集まったジャーナリストは約20名。イベント冒頭では、撮影現場の映像と、劇中衣装を身にまとったキャストたち、ヴィルヌーヴ監督が本作について語るインタビューを編集した約4分間の映像が流れた。監督、キャストたちが代わる代わる作品について熱い想いを話すと、最後に主人公のポールを演じるシャラメが「僕はこの作品に関われて、とても光栄に感じているし、興奮している」と語ると、続けて、「本編冒頭の10分間の映像をこれからお見せします」とのサプライズも。その後も、ヴィルヌーヴ監督のお気に入りのシーンや、音楽を担当したハンス・ジマーと監督とのスペシャル対談の模様なども流れた。最後にヴィルヌーヴ監督が登場し「フランク・ハーバートの傑作『デューン/砂の惑星』は、僕の大好きな小説の一つです。これは僕にとって、大切でパーソナルな映画になりました」と改めて作品に対する熱い想いを語ると、「今日ご覧いただいたものを楽しんでもらえていたら、うれしいです。この作品を応援してくれてありがとう。最後にIMAXで初めて流す本予告をご覧ください。またね」と作品をアピールした。

■公開情報
『DUNE/デューン 砂の惑星』
10月15日(金)全国公開
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:『デューン/砂の惑星』フランク・ハーバート著(ハヤカワ文庫刊)
出演:ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
公式サイト:dune-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる