林遣都&中川大志と犬たちの愛ある触れ合い 『犬部!』メイキング映像公開

『犬部!』メイキング映像

 林遣都と中川大志が共演する映画『犬部!』のメイキング映像が公開された。

 2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物愛護サークル「犬部」。本作は、そんな「犬部」を設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公が、仲間たちとともに動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代の生き様を描く物語。

 林が、犬部を設立する主人公・花井颯太役を務め、颯太の親友で、颯太に負けず劣らずの“犬バカ”ぶりを発揮する犬部メンバーの柴崎涼介を中川が演じる。林と中川はそれぞれ作中でバディとして、犬のちえを演じる花子、犬の太郎を演じるきぃとタッグを組む。篠原哲雄が監督を務め、山田あかねが脚本を担当する。

 出演した動物たちの手配&トレーナーを務めたZOO動物プロの北村氏は、「これまで関わってきた作品の中では、断トツで出演している動物の数が多いです」と述懐する。撮影中は「事故、けが、病気が起きないようにとにかく気を遣った」そうで、特に動物たちと共演する機会の多かった林は、彼らとの撮影現場を「いつか動物に携われる作品をやりたいと思っていたので、映画の中で描かれる人たちの思いが響くといいなと思っています」と振り返りながら、パートナー犬である花子を演じたちえについて「天才だと思います」とその名演を絶賛している。林のみならず中川も、相棒犬となる太郎を演じたきぃとの撮影について「力をあわせてできたカットも本当に多い。楽しかったです」と明かしており、公開された映像では、重要シーンとなる撮影の裏側が映し出されている。

 キャスティングされた犬たちのうち、花子を演じたちえと、獣医学部の外科実習に使われる運命から逃げ出し、花井らに保護される二コを演じたミックはともに保護犬。ちえは子犬の際に土に埋められていたところを保護され、ミックは野犬の子どもで山育ちだったのだとか。幼少期の環境から警戒心が強いミックは人見知りが激しかったのだが、辛抱強く手を差し伸べ続けたのが主演の林と相棒・柴崎を演じた中川のふたり。彼らはスケジュールの合間を縫って、犬たちの散歩や世話を積極的に行った。「林さんと中川さんは犬用宿舎に何度も足を運んでくれました。現場でミックが林さんに身を任せている様子を見て、胸がいっぱいになりましたね。林さんがあそこまで密にコミュニケーションを取ってくださったからこそ、なしえたと思います。」とプロである北村氏が驚くほど、キャスト陣が動物たちに寄り添って撮影に励んでいたという。

 俳優陣と見事なコンビネーションを見せ、主演の林遣や中川らと見事な演技を披露する動物たちの姿、撮影の合間、犬たちと俳優陣の愛ある触れ合いがたっぷりと収められている。

『犬部!』メイキング映像

■公開情報
『犬部!』
7月22日(木・祝)全国公開
出演:林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大、田辺桃子、安藤玉恵、しゅはまはるみ、坂東龍汰、田中麗奈、酒向芳、螢雪次朗、岩松了
原案:片野ゆか『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ文庫)
監督:篠原哲雄
脚本:山田あかね
主題歌:「ライフスコール」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA / ZEST)
配給:KADOKAWA
(c)2021「犬部!」製作委員会
公式サイト:inubu-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/inubu_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/inubu_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる