『鎌倉殿の13人』音楽はエバン・コールが担当 「歴代の大河と一味違うアプローチに」

『鎌倉殿の13人』音楽はエバン・コール

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、音楽をエバン・コール(Evan Call)が手掛けることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 コールは、本作の音楽を手掛けることについて、「この素敵な作品に関わることが出来て、とても光栄です。日本に来る前から大河作品に関わることが夢でした」と長年の夢が叶ったことの喜びを明かした。

エバン・コール コメント全文

この素敵な作品に関わることが出来て、とても光栄です。
日本に来る前から大河作品に関わることが夢でした。
台本を読み始めたら、ますますこの物語に引き込まれました。
昔の人の考え方や、戦までの経過、時代の変化がとても面白く書かれています。
時に深刻にも見え、時に滑稽にも見えることもありますが、その結果には大きく心を揺さぶられます。
どのように音楽を作れば、この作品にふさわしいか、読み進めながらずっと考えています。 61作目の大河ドラマであり、脚本三谷幸喜さん、演出吉田照幸さんを筆頭に多くの素晴らしいスタッフで作る作品ですから、音楽も含めて歴代の大河と一味違うアプローチになると思います。音楽側としては、昔の作品にも敬意をもち、『鎌倉殿の13人』は自分の得意なアイデンティティーがあるように 音楽を作らせて頂きます。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる