青木崇高、『鎌倉殿の13人』で源頼朝のライバル木曽義仲に 「参加できることは大きな喜び」

『鎌倉殿の13人』木曽義仲役に青木崇高

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、木曽義仲役を青木崇高が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 木曽義仲は、源頼朝(大泉洋)の従兄弟で、河内源氏の一族の武将。源氏の棟梁の座を頼朝と争うライバルとなる。 

 青木は、本作が大河ドラマ4作目の出演。木曽義仲を演じることについて、「三谷幸喜さんが描く木曾義仲を生きること、そしてこの『鎌倉殿の13人』に参加できることは大きな喜びです」とコメントを寄せている。

青木崇高 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

芥川龍之介は木曾義仲の、その男らしい人生に惚れ込み、「木曾義仲論」まで書いていたそうです。松尾芭蕉は自身の墓を木曾義仲の墓の隣に建てるよう遺言を遺すほど彼を敬愛していたそうです。「木曾義仲」とはとても魅力的な人物であったようです。牛に松明をつけて平家を襲撃した、という知識しかなかった私は自分がとても恥ずかしくなりました。三谷幸喜さんが描く木曾義仲を生きること、そしてこの『鎌倉殿の13人』に参加できることは大きな喜びです。どうぞよろしくお願いいたします。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる