『ザ・スーサイド・スクワッド』寄せ集め集団の魅力とは? マイケル・ルーカーらが語る

 8月13日公開の『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』に出演するキャストとスタッフのコメントが到着した。

 『バットマン』や『ジョーカー』を生み出したDCコミックスの実写化プロジェクト最新作となる本作。『フューリー』のデヴィッド・エアーが監督を務め2016年に公開された『スーサイド・スクワッド』を、監督・脚本に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンを迎え、再構築した。

 コミックアーティストで、DCコミックスの共同発行人としてDCを語る上では外すことのできない人物のジム・リーは、「“スーサイド・スクワッド”たちの素晴らしいところは、悪党一辺倒で済ませていない点です。つまり彼らは人間性がある“誤解されたヒーロー”だということです」と、スーサイド・スクワッドたちの魅力について語る。

 スーサイド・スクワッドのメンバーは、ハーレイ・クインをはじめ、どんな敵もチーズに変えてしまうポルカ・ドットマン、幼少期から殺しの訓練を受けてきた最強スナイパーのブラッドスポート、お腹が減ると手当たり次第に食べてしまう半分人間半分サメのキング・シャークなど、見た目も性格も個性的で凶悪な奴らばかり。スクワッドのメンバー、サヴァントを演じたマイケル・ルーカーも「彼らはみんな、自分自身の問題や葛藤を抱えている。そして問題を抱えている彼らは自ら進んで、映画の中で起きているより大きな問題を止めようとするんだ。彼らには素晴らしい心が宿っているからね」と、見た目では判断できない一面があることを明かす。

 『シャザム!』や『アクアマン』を手がけ、本作のプロデューサーも務めるピーター・サフランは、「アウトサイダーたちのグループを集めて、彼らに任務を与える上で、ジェームズ・ガン以外に素晴らしい人はいるでしょうか? 彼は、観客にとってあまり馴染みのないこういったキャラクターたちを使って、彼らにハートを与えることのできる人物なんだよ」と、彼らの魅力にはガンの影響も大きいことを明かしている。

■公開情報
『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』
8月13日(金)全国公開
監督:ジェームズ・ガン
出演:マーゴット・ロビー、イドリス・エルバ、ジョン・シナ、ジョエル・キナマン、ピーター・カパルディ、シルヴェスター・スタローン、ヴィオラ・デイヴィス
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2021 WBEI TM & (c)DC

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる