『プロミシング・ヤング・ウーマン』SP映像 キャリー・マリガンらが作品の構造を語る

 7月16日公開の映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』の特別映像が公開された。

 本作が長編デビュー作となるエメラルド・フェネルが監督を務めた本作は、第93回アカデミー賞で主要5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞。“前途有望な若い女性”だったキャシーは、ある事件によって医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーで泥酔したフリをして、お持ち帰りオトコたちを待ち構えていた。ある日、今は小児科医となったハンサムな元クラスメートがカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーを忌まわしい過去へと引き戻すことになる。

 公開されたのは、本作について出演者が語る特別映像。夜な夜な酔ったフリをした主人公・キャシー(キャリー・マリガン)が、毎度近づいてくる自称“ナイスガイ=いい奴”に裁きを下していく。そんな彼女のことをフェネル監督は「ヒーローなんかじゃない」と話す。そんなキャシーを演じたマリガンは「映画を見た人をハッと言わせたい」と語っている。

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』特別映像

■公開情報
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
7月16日(金)TOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国公開
脚本・監督:エメラルド・フェネル
編集:フレデリック・トラヴァル
出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリーほか
配給:パルコ
2020年/アメリカ/英語/113分/シネスコ/ドルビーデジタル/原題:Promising Young Woman/日本語字幕:松浦美奈/PG-12/ユニバーサル映画
(c)Focus Features
公式サイト:pyw-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる