前田公輝、『ちむどんどん』で朝ドラ初出演 「ずっと興奮がおさまらなかった」

 2022年度前期NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に前田公輝が出演することが発表された。

 朝ドラ第106作目となる本作は、個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語。連続テレビ小説『マッサン』、『昭和元禄落語心中』などを手がけてきた羽原のオリジナル作品となる。主人公・比嘉暢子を黒島結菜が演じ、「語り」を沖縄県出身のジョン・カビラが担当する。

 前田が演じるのは、暢子たちの暮らす村の豆腐店の息子・砂川智。四兄妹の幼なじみだ。小さな家業を継ぎながらも、いつか自分でもっと大きな商売をしたいという野望を抱いている。暢子に想いを寄せるが、なかなか気づいてもらえない。

 「朝ドラ出演が夢だった」という前田は、「間もなく現実になること、未だに信じられません。出演のお話を聞いたときには、正直、驚きました。その後数日間は、外の光がいつも以上に輝いて見え、ずっと興奮がおさまらなかったほどです。ただ、このままではプレッシャーになってしまうので、胸を張って、みなさんに素敵な朝を迎えていただくためのチームの一員として、役を生きられるようにしっかり準備をしていきたいと思います!」とコメント。

 演じる智とは共通点が多いそうで、「役者として、1人の人物の長い歳月を演じさせていただくというのは初めての経験なので、生き方も恋愛も、智と共に成長していけるよう、役に寄り添いながら奮闘していきたいと思います!」と熱い決意を述べた。

前田公輝 コメント全文

『ちむどんどん』出演の意気込み

僕が演じる砂川智は、「家族のために尽くして働く、恋愛に不器用な男」です。僕自身、いつも家族への感謝を念頭に置いて仕事をしていること、そして恋愛ドラマの経験が多い方ではないことなどもあり、共通点の多い役柄だと感じています。役者として、1人の人物の長い歳月を演じさせていただくというのは初めての経験なので、生き方も恋愛も、智と共に成長していけるよう、役に寄り添いながら奮闘していきたいと思います! まずは、豆腐のことを勉強します。

連続テレビ小説出演について

役者を目指してからというもの、ずっと朝ドラ出演が夢でした。
それが間もなく現実になること、未だに信じられません。出演のお話を聞いたときには、正直、驚きました。その後数日間は、外の光がいつも以上に輝いて見え、ずっと興奮がおさまらなかったほどです。ただ、このままではプレッシャーになってしまうので、胸を張って、みなさんに素敵な朝を迎えていただくためのチームの一員として、役を生きられるようにしっかり準備をしていきたいと思います!

沖縄の印象と好きな沖縄の場所・食べ物・芸術など

僕自身、沖縄には深い縁を感じています。まず、誕生日が「シーサーの日」と呼ばれる4月3日です。少年期(子役時代)には、首に美ら玉を身につけて、沖縄ロケに半年ほど通っていた時期もありました。座間味島という沖縄県の離島から那覇まで帆掛けサバニを操り、仲間達と人力で走り切る海上レースに参加し、完走した思い出。そしてその準備期間中の夜、地元の方にガイドしていただき浜辺でみたプラネタリウムのような180度の満天の星空は今でも忘れられません。コロナ禍前は沖縄料理店にも良く行っていました。ソーキそばにコーレーグースを少し垂らして食べたり、海葡萄、島らっきょ、ゴーヤチャンプルを好んで食べたりしていました。
そんな記憶や思い出も胸に、しっかり「ちむ(心)」を込めて挑みたいと思います。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』
NHK総合にて、2022年春放送
主演:黒島結菜
作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる