クセモノ新キャラクターたちの詳細が明らかに 『ロキ』キャラクタービジュアル公開

 6月9日よりディズニープラスにて日米独占配信される『ロキ』のキャラクタービジュアルが公開された。

  マーベル・スタジオドラマシリーズ第3弾となる本作は、2019年公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』から逃げ出した男“ロキ”の物語。四次元キューブを手に入れ、時空を超えてアベンジャーズたちから逃げ出したロキは、“時間の流れを守っている”という謎の組織TVAに捕まり、「自分が改変してしまった現実を元に直す」という任務を与えられ、時空を超えた壮大な戦いに巻き込まれることになる。

 “裏切り王子”ことロキ(トム・ヒドルストン)は、マイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)の義弟。王位継承者である兄ソ-への嫉妬心から、兄弟の故郷アスガルドの王座を狙うようになる。『アベンジャーズ』ではアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)たちの敵として登場し、変幻自在に他人に化け、巧みな話術で人の心を操り、ミステリアスなカリスマ性を発揮。王族に生まれながらも生来のいたずら心をこじらせて立派なヴィランへと成長した彼が地球侵略を試みたことをきっかけに“アベンジャーズ”が結成されるなど、マーベル・スタジオ作品影の立役者でもある。

 公開されたビジュアルでは、TVAの制服に身を包むロキが真面目に任務に取り組むように見える一方、 その表情は何かを企んでいるとしか思えない妖しい笑みを浮かべており、波乱の展開を予感させる。

 そして、そんなミステリアスなロキが本作で新たに出会うクセ者たちが登場。ビジュアルの上段右は、オーウェン・ウィルソン演じるTVAのエージェント、メビウス。TVAの中でも特に危険な時間犯罪者の捜査が専門のエージェントの彼は、とあることをきっかけにTVAが脅威にさらされる中、何を思ってか“ロキと手を組む”というリスクを冒すことを決意する。

 下段左は、ググ・バサ=ロー演じるラヴォーナ・レンスレイヤー。キッチリと制服を着こなし、凛とした表情で威厳に溢れている。TVAの出世階段を一気に駆け上がってきた彼女は、ロキの任務にも関与することとなり、メビウスのやり方には賛成できない一方、彼との友情も感じている。

 下段右は、ウンミ・モサク演じるハンターB-15。そのネーミングは謎に包まれているが、規則を重視する真面目な彼女はロキを一切信用していない様子で、メビウスの自由放任主義的な行動にも疑問を抱いている。

■配信情報
ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ロキ』
ディズニープラスにて、6月9日(水)16:00〜日米同時配信
監督:ケイト・ヘロン
出演:トム・ヒドルストン、オーウェン・ウィルソン、ググ・バサ=ロー、ウンミ・モサク
(c)2021 Marvel
公式サイト:https://disneyplus.disney.co.jp/program/loki.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる