『クルエラ』豪華衣装の舞台裏 エマ・ストーン、エマ・トンプソンらが語る特別映像公開

『クルエラ』豪華衣装の舞台裏を追う特別映像

 映画館、ディズニープラス プレミア アクセスにて公開中のディズニー映画『クルエラ』の特別映像が公開された。

 本作の舞台は、パンクムーブメントが吹き荒れる70年代のロンドン。親を亡くした少女エステラ(エマ・ストーン)は、反骨精神と独創的な才能を活かし、ファッション・デザイナーになることを決意。ロンドンで最も有名な百貨店リバティに潜り込む。そんなある日、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネス(エマ・トンプソン)との出会いによって、エステラはファッショナブルで破壊的かつ復讐心に満ちた”クルエラ”の姿へ染まっていく。なぜ少女は悪名高き”ヴィラン”に変貌したのか。

映画「クルエラ」大ヒット同時公開中!特別映像:「映画『クルエラ』のファッション」

 公開された特別映像は、豪華な衣装の舞台裏をとらえたもの。パーティーに突如現れ、燃え上がる炎の中真っ赤なドレス姿を披露するクルエラのシーンから始まり、ストーンが「衣装が役を作る」、衣装を身に包んだときの感想を「自分に酔ってた」と語る。

 エステラがファッションデザイナーを目指して、70年代ロンドンに足を踏み入れるところから始まる本作では、衣装も重要な要素に。本作のファッショナブルな世界を作り上げたのは、『眺めのいい部屋』(2012年)『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)でアカデミー賞を2度受賞した、コスチューム・デザイナーのジェニー・ビーヴァン。ビーヴァンは、「クルエラだけで、衣装は47種類。実に大仕事だった」と『クルエラ』での自身の仕事を振り返る。

 本作で、「ファッションは復讐の手段なの」と語るエステラは、デザイナーを目指して奮闘する中、ファッション業界における伝説的なカリスマデザイナーのバロネスと出会う。非情で厳格な彼女の下、エステラは頭角を現すが、やがて2人の関係が彼女の運命を大きく変えることとなり、バロネスとクルエラは“ファッション”を駆使して対抗することに。奇抜で攻撃的な衣装が多いクルエラの一方で、エレガントで気品溢れるデザインが目立つバロネス。「衣装替えの度にお気に入りが更新される」とバロネスを演じたエマ・トンプソンも語る。映像の最後では、「本当に特別な衣装ばかり」とストーンが締めくくった。

■公開・配信情報
『クルエラ』
映画館、ディズニープラス プレミア アクセスにて公開中
※プレミアアクセスは追加支払いが必要
監督:クレイグ・ギレスピー
出演:エマ・ストーン、エマ・トンプソン、マーク・ストロング
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
(c)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる