藤原竜也が不敵な笑み 土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬も登場『鳩の撃退法』予告&ポスター

 8月27日に公開される藤原竜也主演映画『鳩の撃退法』の本ビジュアルと本予告編が公開された。

 本作は、『月の満ち欠け』で第157回直木賞を受賞した作家・佐藤正午によるエンターテインメント小説を実写映画化するもの。かつては直木賞も受賞した天才小説家の津田は、とあるバーで担当編集者の鳥飼なほみに、書き途中の新作小説を読ませていた。富山の小さな街で経験した“ある出来事”を元に書かれた津田の新作に心を躍らせる鳥飼だったが、話を聞けば聞くほど、どうにも小説の中だけの話とは思えない。「大量の偽札」「囲いを出たハト」「一家失踪事件」「裏社会のドン」……鳥飼は津田の話を頼りに小説が本当にフィクションなのか検証を始める。

 藤原が、自身史上、最も謎めいた元直木賞作家・津田伸一を演じ、津田に翻弄される担当編集者・鳥飼なほみを土屋太鳳が演じる。そのほか、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司、坂井真紀、濱田岳、リリー・フランキー、佐津川愛美、桜井ユキ、柿澤勇人、駿河太郎、浜野謙太、岩松了、村上淳、ミッキー・カーチスらが集結。映画『ホテルビーナス』やドラマ『赤めだか』(TBS系)のタカハタ秀太が監督を務めた。

映画『鳩の撃退法』【予告編】8月27日(金)全国公開

 本予告では、ストーリーのカギを握る「一家失踪事件」「謎の偽札」「裏社会の男」の3つの謎が明らかに。また、登場人物たちが 「鳩が囲いを出た」 「はと?」 「鳩?」 と鳩を連呼する姿が収めれている。

 本ビジュアルには、津田の眼前に彼が描く物語の登場人物たちが、チェスの駒のように配置され、大胆不敵に笑みを浮かべる津田の表情が収められている。

 また、本作の主題歌と劇伴をKIRINJI・堀込高樹が手がけていることも明らかに。主題歌「爆ぜる心臓」は堀込の作り出した楽曲の世界感に、ラッパー・Awichが加わった。

コメント

KIRINJI・堀込高樹

ジャジーなバラード、フェイクのタンゴ、トゥワンギーなギターとエレクトロニクスによるアンビエント風の曲など、自分の中の開けてなかった引き出しに手を突っ込んでガシガシと曲を掻き集めました。
主題歌はラッパーでシンガーのAwichに協力していただきました。彼女のリリックとその声の存在感によって、この最高にトリッキーな映画に相応しい主題歌が出来上がったと自負しております。お楽しみください!

Awich

「本物」とは何か。社会? お金? 愛情? 私たちの生活の中で、「偽物」と判断されるものに対して、そもそも「本物」とは何なのか。全ては人間達が作り上げて、共有している共同主観。絆も、富も、何かと「偽物」だと判断しては指を刺すのが大好きな私たちは、どれほど「本物」のことをわかっているのでしょうか。そんなことをテーマに、曲作りをしました。

■公開情報
『鳩の撃退法』
8月27日(金)公開
出演:藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、津川愛美、桜井ユキ、柿澤勇人、駿河太郎、浜野謙太、岩松了、村上淳、坂井真紀、濱田岳、ミッキー・カーチス、リリー・フランキー、豊川悦司
原作:佐藤正午『鳩の撃退法』(小学館刊) 
監督:タカハタ秀太
脚本:藤井清美、タカハタ秀太
音楽:堀込高樹(KIRINJI)
主題歌:「爆ぜる心臓」KIRINJI feat. Awich(ユニバーサル ミュージック)
製作幹事:松竹、電通
配給:松竹
制作プロダクション:AOI Pro.
制作協力:松竹撮影所、松竹映像センター 
(c)2021「鳩の撃退法」製作委員会 (c)佐藤正午/小学館
公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/hatogeki-eiga
公式Twitter:https://twitter.com/hatogeki_eiga

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる