EMILYの歌声が響き渡る 品川ヒロシ監督最新作『リスタート』予告編&ポスター公開

 品川ヒロシ6年ぶりの長編映画監督作『リスタート』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、北海道・下川町と吉本興業がSDGs推進における連携協定を結び発足したプロジェクト。2019年6月から9月まで実施されたクラウドファンディングで目標金額を大きく超え、700名からの支援を集めることに成功し、下川町の自然を映像に落とし込んだ。

 品川監督自身初の女性主人公を、男女フォークデュオHONEBONEのボーカルで、数々の雑誌や広告でモデルを務めるEMILYが演じる。品川監督は、EMILYが出演したテレビを偶然見ていた品川監督が「この子しかいない!」とオファー。初めての映画出演となる本作では、歌声も披露している。EMILY演じる主人公・未央を支える同級生役をDOBERMAN INFINITYのSWAY、父親役を中野英雄らが務めるほか、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、岩崎う大(かもめんたる)、西野亮廣(キングコング)らが脇を固める。

 公開されたポスタービジュアルでは、スポットライトに照らされてまさにこれから歌い出すEMILY演じる未央の姿が切り取られており、劇中歌の歌詞でもある“ただ、一歩ずつ”というコピーも添えられている。

映画『リスタート』予告編

 予告編は、「東京に出て、絶対売れてビッグになる」と友人の前で力強く宣言する未央(EMILY)の姿から始まる。夢見たシンガーソングライターではないが、東京で地下アイドルとして一生懸命活動する未央。しかし意図せず起きた有名アーティストとのスキャンダルによって突然契約解除を告げられ、SNSやネットでの誹謗中傷を受け、さらには応援してくれていたファンからの暴行により、心身ともに深く傷ついてしまう。

 しかし、故郷である北海道・下川町の自然豊かな景色や「ここには“いいね”もなければ炎上もない」「28歳で人生終わったみたいな顔すんな」という同級生・大輝(SWAY)の言葉、なにがあってもありのままの自分を受け入れてくれる家族と仲間の存在によって、徐々に心を取り戻していく。後半には、EMILYが本作のために書き下ろした主題歌「リスタート」が流れ、未央がどん底から立ち上がる様子が描かれている。

■公開情報
『リスタート』
7月9日(金)北海道地区先行ロードショー
7月16日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほか全国公開
監督・脚本:品川ヒロシ
音楽:HONEBONE
出演:EMILY(HONEBONE)、SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団 EXILE)、品田誠、朝倉ゆり(エラバレシ)、夏目ベール(純情のアフィリア)、藤井俊輔、向井日菜海、阿部隼也、かんた、岩崎う大、もりももこ、西野亮廣(キングコング)、松田大輔(東京ダイナマイト)、庄司智春(品川庄司)、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)、黒沢あすか、中野英雄
製作:吉本興業株式会社
スペシャルサポート:下川町
配給:吉本興業
(c)吉本興業 
100分/シネマスコープ/5.1ch
公式サイト:https://restart.official-movie.com/
公式Twitter:@movie_restart
公式Instagram:@restart.movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる