『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』日本公開日は8月13日 ティザーポスターも

 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』の日本公開日が8月13日に決定し、あわせて日本版ティザーポスターが公開された。

 『バットマン』や『ジョーカー』を生み出したDCコミックスの実写化プロジェクト。『フューリー』のデヴィッド・エアーが監督を務め2016年に公開された『スーサイド・スクワッド』を、監督・脚本に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンを迎え、再構築した。主人公は10人以上の“極“悪党たち。

 ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、ブラッドスポート(イドリス・エルバ)、キング・シャーク(スティーブ・エイジー)、ポルカドットマン(テヴィッド・ダストマルチャン)、サヴァント(マイケル・ルーカー)、シンカー(ピーター・キャパルディ)、ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)など、10人以上の主人公たちは、何をしでかすかわからない“極”悪党の“スーサイド・スクワッド”。首の後ろには爆弾が埋め込まれ、裏切ったり間違ったりすれば容赦なく吹っ飛ばされてしまうという状況の中、とあるデス・ミッションのために集められたのだった。

 このたび公開されたティザーポスターには、世界を救うはずのクレイジーでクセの強いド級の悪党たちの姿が描かれている。向かって右側、ロケットランチャーを手に笑顔をみせるのは、ジョーカーと別れ、彼氏募集中のハーレイ・クイン。そして上段に位置するのは、幼い頃から戦闘訓練を積んできた最強スナイパーの ブラッドスポート。百戦錬磨の彼にとって、身の回りのものは全て凶器。そして向かって左、大きな銃を軽々と片手で構える強面はピースメイカー。調停者の名を持つ彼だが、平和のためにはケンカも殺しもいとわないという超矛盾キャラだ。そして中央で銃を構えるのは、“スーサイド・スクワッド”のリーダー、リック・フラッグ。自殺級のデス・ミッションのために集められた悪党を束ねる彼は、戦闘能力がずば抜けて高い職業軍人。ノリだけで行動をするメンバーたちに常に目を光らせている彼は、世界の平和にとって正に頼みの綱だ。さらに、ネズミが相棒の(マスクを外せば実は女性の)悪党ラットキャッチャー2や、虹色の水玉模様がポップなボディスーツを身に着けているのに、性格は陰キャラのポルカドットマン、そしてお腹を満たすことしか考えていない半分人間で半分サメのキング・シャークなど、ビジュアルに描かれる悪党たちはみな個性的だ。

 この他、サヴァント、シンカー、ブラックガードなど、10名以上の悪党たちが新生スーサイド・スクワッドとして集結。決して一つにまとまらず、何をしでかすか分からない彼らに、果たして本気で世界を救う気はあるのだろうか。

■公開情報
『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』
8月13日(金)全国公開
監督:ジェームズ・ガン
出演:マーゴット・ロビー、イドリス・エルバ、ジョン・シナ、ジョエル・キナマン、ピーター・カパルディ、シルヴェスター・スタローン、ヴィオラ・デイヴィス
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2021 WBEI TM & (c)DC

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる