オークス・フェグリーが語るデ・ニーロとの共演 『グランパ・ウォーズ』インタビュー映像

オークス・フェグリーが語るデ・ニーロとの共演 『グランパ・ウォーズ』インタビュー映像

 4月23日より全国公開される『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』より、ロバート・デ・ニーロの相手役を務めたオークス・フェグリーのインタビュー映像が公開された。

 妻を亡くしたエドは娘夫婦の元で暮らすことになり、孫ピーターの部屋を借りることに。最初は喜んでいたピーターも自分の部屋から屋根裏に追いやられることを知ると激怒し、エドに宣戦布告状を送りつける。ピーターの過激すぎるイタズラの数々にエドも報復を開始。家族と近所を巻き込んだ大騒動へと発展していく。果たして、勝つのはどっちか。部屋とプライドをかけた抱腹絶倒の戦争がいま始まる。

 主演を務めるのは、1974年に『ゴッドファーザー PART II』でアカデミー賞助演男優賞を、1980年には『レイジング・ブル』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したデ・ニーロ。近年も『アイリッシュマン』や『ジョーカー』など話題作に出演するデ・ニーロが、頑固で意地っ張りなおじいちゃんエドを演じた。

 対する生意気な孫のピーター役を『ピートと秘密の友達』『ワンダーストラック』のフェグリー、エドの娘サリー役を『パルプ・フィクション』『キル・ビル』シリーズのユマ・サーマン、そしてサリーの夫アーサー役を『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』などのロブ・リグルが演じる。さらに、エドの悪友ジェリー役を、デ・ニーロとは『ディア・ハンター』以来の共演となるアカデミー賞俳優クリストファー・ウォーケンが演じた。監督を務めたのは、『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』のティム・ヒル。

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』オークス・フェグリー インタビュー映像

 2004年11月11日生まれ、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のフェグリーは、2014年に『アイアン・ソルジャー』でスクリーンデビュー。ディズニー作品『ピートと秘密の友達』では少年ピート役を演じ、トッド・ヘインズ監督『ワンダーストラック』では主演を務めるなど、注目を集める子役俳優のひとり。デ・ニーロの印象についてフェグリーは、「デ・ニーロさんとの共演は本当に楽しいよ。2人でいる時は笑いが絶えないんだ。こんなに対応力のある人と共演できたことは本当に素晴らしい。彼は偉大な俳優の1人だし、そんな特別な人と共演できてとても嬉しいよ」と語る。

 本作ではそんな大先輩デ・ニーロに数々のイタズラを仕掛ける息子ピーター役を演じているフェグリー。劇中でデ・ニーロはケチャップだらけになったりと、ピーターに徹底的に打ちのめされていた様子だが、この時フェグリーは「ロバート・デ・ニーロを怒りのはけ口というか、サンドバッグのように扱うのはとてもすごいことだよね」と思っていたとのこと。最後の質問「映画を観てどんなことを感じてほしいですか?」に対しては、「まずは楽しんで観てほしいな。やっぱりコメディだからね」と回答すると共に、「とにかくおじいちゃんを尊敬してほしい。時間には限りがあるんだから、一緒に楽しく過ごしてほしい」と心やさしい一面を明かした。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』
4月23日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
出演:ロバート・デ・ニーロ、オークス・フェグリー、クリストファー・ウォーケン、ユマ・サーマン、ロブ・リグル、ジェーン・シーモア
監督:ティム・ヒル
脚本:トム・J・アッスル、マット・エンバー
原作:『The War With Grandpa』(ロバート・キンメル・スミス著)
製作:フィリップ・グラッサー、マーヴィン・ピアート、ローザ・モリス・ピアート
配給:パルコ/ユニバーサル映画 
2020年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/原題:The War with Grandpa/94分
(c)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.
公式Twitter:@GRANDPA_WARS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる