ロバート・デ・ニーロが半裸で宙吊り 『グランパ・ウォーズ』予告編&ビジュアル公開

ロバート・デ・ニーロが半裸で宙吊り 『グランパ・ウォーズ』予告編&ビジュアル公開

 4月23日より全国公開される『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

 妻を亡くしたエドは娘夫婦の元で暮らすことになり、孫ピーターの部屋を借りることに。最初は喜んでいたピーターも自分の部屋から屋根裏に追いやられることを知ると激怒し、エドに宣戦布告状を送りつける。ピーターの過激すぎるイタズラの数々にエドも報復を開始。家族と近所を巻き込んだ大騒動へと発展していく。果たして、勝つのはどっちか。部屋とプライドをかけた抱腹絶倒の戦争がいま始まる。

 主演を務めるのは、1974年に『ゴッドファーザー PART II』でアカデミー賞助演男優賞を、1980年には『レイジング・ブル』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したロバート・デ・ニーロ。近年も『アイリッシュマン』や『ジョーカー』など話題作に出演するデ・ニーロが、頑固で意地っ張りなおじいちゃんエドを演じた。対する生意気な孫のピーター役を『ピートと秘密の友達』『ワンダーストラック』のオークス・フェグリー、エドの娘サリー役を『パルプ・フィクション』『キル・ビル』シリーズのユマ・サーマン、そしてサリーの夫アーサー役を『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』などのロブ・リグルが演じる。さらに、エドの悪友ジェリー役を、デ・ニーロとは『ディア・ハンター』以来の共演となるアカデミー賞俳優クリストファー・ウォーケンが演じた。監督を務めたのは、『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』のティム・ヒル。

『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』予告編

 このたび公開された予告編では、デ・ニーロ演じるエドが、娘のサリー(ユマ・サーマン)の家に温かく迎え入れられる様子が窺える。しかし、孫のピーター(オークス・フェグリー)が自分の部屋をエドに明け渡さなければいけないことを知ると一変。爺さんVS孫の壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。2人の攻防戦は様々。エドが思い出に浸って聴いているレコードが吹き飛んだり、シェービングクリームをコーキング剤にすり替えられたりとピーターの手の込んだ悪戯はエドよりも一枚上手のように見える。だが、エドも反撃開始。机、椅子、ベッド、あらゆる家具のネジを外して応戦。大人気なさすぎる姿からは、爺さんの本気(マジ)度が伝わってくる。戦いがデッドヒートし、エドが孫を倒すために仲間を集る一幕も。チーム戦によるドッジボール対決では、デ・ニーロと『ディア・ハンター』以来の共演となるウォーケンも登場。シニアVSティーンの戦いは歯止めが掛からず、ついにピーターはエドに大蛇をけしかける。蛇から逃げ惑うエドが2階から落下、ズボンがずり落ちながらも宙吊りで耐える姿を娘婿役のロブ・リグルが目撃して大混乱に。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、デ・ニーロとフェグリーの全面戦争を思わせるデザインに。背景には、ラジコンやドローンなどのイタズラに使われるアイテムが飛び交い、カラフルな爆破で壮絶な戦いを彷彿とさせるデザインとなっている。

■公開情報
『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』
4月23日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
出演:ロバート・デ・ニーロ、オークス・フェグリー、クリストファー・ウォーケン、ユマ・サーマン、ロブ・リグル、ジェーン・シーモア
監督:ティム・ヒル
脚本:トム・J・アッスル、マット・エンバー
原作:『The War With Grandpa』(ロバート・キンメル・スミス著)
製作:フィリップ・グラッサー、マーヴィン・ピアート、ローザ・モリス・ピアート
配給:パルコ/ユニバーサル映画 
2020年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/原題:The War with Grandpa/94分
(c)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.
公式Twitter:@GRANDPA_WARS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる