『仮面ライダーBLACK』監督・白石和彌でリメイクへ 「才能の全てを注ぎ込みます」

『仮面ライダーBLACK』監督・白石和彌でリメイクへ 「才能の全てを注ぎ込みます」

 『仮面ライダーBLACK』が白石和彌監督によりリメイクされ、『仮面ライダーBLACK SUN』として制作されることが決定した。

 1971年にテレビ朝日系にて放送を開始した『仮面ライダー』(原作:石ノ森章太郎)。以来、令和仮面ライダー2作目であり現在放送中の『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)に至るまで、半世紀に渡って愛され続けてきた。そして2021年に仮面ライダーシリーズは50周年を迎える。

 『仮面ライダーBLACK』は、過酷な運命を背負った主人公の悲哀に満ちたストーリーが魅力の人気作。創世王が率いる暗黒結社「ゴルゴム」。その次期創世王候補=世紀王として選ばれたのは、南光太郎とその親友・秋月信彦であった。世紀王「ブラックサン」へと改造された光太郎は、脳改造を受ける寸前に脱出を果たし、ゴルゴムと戦うことを決意。襲い掛かる数々の怪人。そして、ゴルゴムの戦士「シャドームーン」として立ちはだかる信彦。光太郎は正義の使者「仮面ライダーBLACK」を名乗り、ゴルゴムの陰謀を打ち砕く。

 本作の監督を務めるのは、『凶悪』や『孤狼の血』などを手がけてきた白石。1987年に放送された『仮面ライダーBLACK』を白石監督が新しい視点で切り取り、描き直す。

 公開された作品ロゴは、書道家の武田双雲の書き下ろしによるもので、本作の世界観が表現されている。

白石和彌監督 コメント

白石和彌

仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。
仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。
南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!

■作品情報
『仮面ライダーBLACK SUN』
2022年春スタート
監督 :白石和彌
(c)石森プロ・ADK EM・東映
公式サイト :https://www.kamen-rider-official.com/kr50th/blacksun

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる