『奪い愛』シリーズから予測する『殴り愛、炎』の“底知れなさ” 山崎育三郎の狂気に期待

『奪い愛』シリーズから予測する『殴り愛、炎』の“底知れなさ” 山崎育三郎の狂気に期待

 ドラマスペシャル『殴り愛、炎』(テレビ朝日系)が、4月2日と9日の2週にわたって放送される。

 このタイトル名、どこかで聞き覚えがある方も少なくないだろう。そう、『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)や『奪い愛、夏』(AbemaTV)、『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日×ABEMA)と、キュンとする純愛とあり得ないほど壮絶な修羅場が入り乱れる“ドロキュン劇場”の名手・鈴木おさむが本作の脚本を手がける。

 『奪い愛、冬』(以後、『奪い愛』)で話題になったのは、水野美紀演じる蘭が見せた“怪演”。夫・信(大谷亮平)とその元恋人・光(倉科カナ)への執着心を見せ、2人を引き裂き、自分が信と結婚するために、負傷事件まで仕組み、その事故のせいで歩けなくなったと彼に思い込ませ“責任”を取らせる形で結婚まで漕ぎ着ける、正に“手段を選ばない”女を熱演した。

ドラマスペシャル『殴り愛、炎』予告編

 本作でぶっ壊れた怪演を見せてくれるのは、なんとミュージカル界のプリンス・山崎育三郎。もうこのミスマッチさだけで既に面白い。予告で流れる「ここにいるよぉ〜〜〜」もどこかで見覚えがあると思いきや、『奪い愛』でいきなりロッカーから出てきた蘭が同じ台詞を不気味な奇声で発し、お茶の間を恐怖に陥れていたシーンとリンクする。山崎演じる光男は、総合病院の跡取りで神の手を持つスーパードクターと、“Theサラブレット”でここまでは山崎本人の“王子様”キャラと乖離はなく、むしろイメージそのものだ。ただ、今回は嫉妬や執着に狂ったこれまでとは全く違った山崎の一面が見られるようで、そのギャップが大きいからこそ“怖いもの見たさ”が刺激されてしまう。どんな風にこの完全無欠に見える光男が壊れていくのか、その過程もじっくりと堪能したい。

 そして、『奪い愛』と本作はそもそもの設定も似ているところがある。光男の婚約者の看護師・秀実(瀧本美織)の前に、患者として初恋相手の信彦(市原隼人)が現れ、運命の歯車が狂い出す。王子“育様”と、“本気と書いてマジと読む”タイプのとにかく“熱い”市原隼人をライバルとして配置するあたりに、また鈴木おさむの遊び心満載の演出、配役が利いている。そしてその2人の間で揺れ動くヒロイン役に瀧本美織を置くという絶妙で何とも香ばしさしかない“三角関係”がここに誕生だ。

 瀧本といえば、前クールの『知ってるワイフ』(フジテレビ系)では、お嬢様で世間知らずゆえ自身の夫や周囲を振り回す側を演じていたが、本作では一見正統派ヒロインに見えて実はツッコミどころ満載な役どころに仕上がっているらしい。真っ直ぐすぎる信彦とこの秀実の「逃避行」が描かれるようだが、さぞかしトレンディーなことだろう。予告編の、映画『ゴースト』のパロディーかのような2人してろくろを回して陶芸する姿も早く実際の映像で観たい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる