「新宿東口映画祭」5月28日より開催へ 『カリガリ博士』や無声アニメなどの活弁上映も

「新宿東口映画祭」5月28日より開催へ 『カリガリ博士』や無声アニメなどの活弁上映も

 映画祭「新宿東口映画祭」が、新宿武蔵野館とシネマカリテにて5月28日から6月10日の期間で開催されることが決定した。

 新宿武蔵野館は、2020年に100周年を迎えた老舗映画館。100周年を記念し、武蔵野館・シネマカリテにて、2019年6月より月ごとにテーマを決めての企画上映が行われた。「新宿東口映画祭」では、新宿の歴史・文化を振り返りながら、「映画の街・新宿」として新しい映画文化を発信していくことを目指しているという。また、武蔵野館・シネマカリテで完結するのではなく、地域のイベントの一つとして新宿東口地区のさらなる活性化につなげていき、来年以降の開催も視野に入れているとのこと。

 上映作品には、映画がまだ「活動写真」と呼ばれ、活動弁士たちによる上映が行われてきた時代の作品もラインナップ。ドイツ表現主義の映画で最も古く、また最も影響力が高いと評される『カリガリ博士』を、かつて武蔵野館で弁士を務めていた徳川夢声と福地悟朗の当時の音声素材を復元した特別版にて上映。また、『ジキルとハイド』作品の中でも決定版との評価が高い『狂へる悪魔』、そして現存する最古のアニメーション『なまくら刀』 や日本漫画にその名を残す『のらくろ』、時代を超えて語り継がれるお伽話の『桃太郎』『雀のお宿』『一寸法師』など、大人も子どもも楽しめる無声アニメの8本を活弁上映する。

 そして日本映画からは、新宿を舞台に昭和の生んだ大ヒット曲をモチーフに兄妹の愛の姿を描いた『昭和枯れすすき』、ラジオドラマでの人気を受けて映画化されると大ヒットを記録した『君の名は』全3部作。、“火” と“水”の世界を舞台に、水の王子“シリウス”と火の姫“マルタ”の禁じられた悲しい恋の行方を描いたフルアニメーション『シリウスの伝説』、サン・テグジュペリ原作の同名児童文学をアニメ化した『星の王子さま プチ★プランス』と、意思を持つ巨大ロボットが主人公の少年と合体して敵と戦うロボットアニメーション『アストロガンガー』に加え、『淪落の人』を手がけた武蔵野エンタテインメント配給作品特集なども用意される。

 また、新宿東口映画祭提携企画として、現在活躍中の人気弁士が一堂に会する『第1回 カツベン映画祭』の同時開催も決定。このほかにも、イベント企画、そして映画祭の第1回目を彩る新作映画が予定されている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

上映作品

活弁上映作品(2本立て上映)

『カリガリ博士』
監督:ロベルト・ヴィーネ
出演:ヴェルナー・クラウス、コンラート・ファイト、リル・ダゴファー、フリードリヒ・フェーヘル
弁士:徳川夢声、福地悟朗
1919年/ドイツ/56分/BD/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

『狂へる悪魔』
監督:ジョン・S・ロバートスン
出演:ジョン・バリモア、マーサ・マンスフィールド
弁士:澤登翠
演奏:カラード・モノトーン(トリオ)
1920年/アメリカ/64分/BD/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

活弁アニメーション作品(8本立て上映)

『なまくら刀』
作画:幸内純一
1917年/日本/4分/小林商会/国立映画アーカイブ所蔵作品
写真提供:国立映画アーカイブ

『のらくろ二等兵』教練の巻・演習の巻
原作:田川水泡
作画:村田安司
1933年/日本/10分/横浜シネマ商会/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

『のらくろ伍長』
原作:田河水泡
作画:村田安司
1934年/日本/11分/横浜シネマ商会/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

お伽話『日本一桃太郎』
作画:山本早苗
撮影:相原降昌
1928年/日本/11分/タカマサ映画社/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

『泳げや泳げ』
原案:伴野文三郎
作画:大石郁(大石郁雄)
1939年/日本/10分/旭映画/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

一寸法師『ちび助物語』
作画:瀬尾光世
演出:瀬尾光世
1935年/日本/10分/旭物産合資会社映画部/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

『雀のお宿』
作画:熊川正雄
演出:政岡憲三
1936年/日本/10分/奥商会/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

『天狗退治』
作画:大藤信郎
弁士:澤登 翠、山城秀之、山内菜々子ほか
演奏:カラード・モノトーン(デュオ)
1934年/日本/9分/千代紙映画社(トーキー)/作品提供:マツダ映画社
写真提供:マツダ映画社

日本映画

『昭和枯れすすき』
監督:野村芳太郎
出演:高橋英樹、秋吉久美子、池波志乃、伊佐山ひろ子、松橋 登、下條アトム
1975年/日本/87分/35mm/松竹株式会社
(c)1975 松竹株式会社

『君の名は・第一部』
監督:大庭秀雄
出演:佐田啓二、岸惠子、淡島千景、月丘夢路、川喜多雄二、小林トシ子、野添ひとみ、淡路惠子、笠智衆
1953年/日本/127分/35mm/松竹株式会社
(c)1953 松竹株式会社

『君の名は・第二部』
監督:大庭秀雄
出演:佐田啓二、岸惠子、淡島千景、月丘夢路、川喜多雄二、小林トシ子、北原三枝、笠智衆、日守新一
1953年/日本/120分/35mm/松竹株式会社
(c)1953 松竹株式会社

『君の名は・第三部』
監督:大庭秀雄
出演:佐田啓二、岸惠子、淡島千景、月丘夢路、川喜多雄二、小林トシ子、紙京子、三橋達也、笠智衆、柳永二郎
1954年/日本/124分/35mm/松竹株式会社
(c)1954 松竹株式会社

アニメーション作品

『シリウスの伝説』
原作・製作:辻信太郎
監督:波多正美
声の出演:古谷徹、小山茉美、榊原郁恵、潘惠子、宇野重吉、内海賢二、武藤礼子
1981年/日本/108分/35mm/株式会社サンリオ
(c)2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. L618285

『星の王子さま プチ★プランス』
作画監督:昆進之介
声の出演:松野達也、松尾佳子、増岡弘
1978年/日本/BD/株式会社 ICHI
※第1話・第2話・第3話・第39話(最終回)を上映
(c)ICHI

『アストロガンガー』
演出:山田栄三、吉田健二郎
声の出演:東美江、飯塚昭三、小沢かおる、吉沢久義、鈴木弘子、大宮悌二、緑川稔、寺島幹夫
1972年/日本/BD/株式会社 ICHI
※第1話~第4話を上映
(c)鈴川鉄久/ICHI

武蔵野エンタテインメント配給作品

『小さな園の大きな奇跡』
監督:エイドリアン・クワン
出演:ミリアム・ヨン、ルイス・クー、リチャード・ン、アンナ・ン、スタンリー・フォン、サミー・リョン
2015年/香港・中国/112分/DCP/武蔵野エンタテインメント株式会社
(c)2015 Universe Entertainment Limited All Rights Reserved

『閃光少女 Our Shining Days』
監督:ワン・ラン
出演:シュイ・ルー、ポン・ユィチャン、リュー・イョンシー、ルー・チャオホワ、ハン・チョンユィ、リー・ヌオ、ルオ・ミンチエ、 チェン・ ユィシー、ラー・スーホン
2017年/中国・香港/103分/DCP/武蔵野エンタテインメント株式会社
(c)2017 Edko Films Ltd. All Rights Reserved.

『チャンブラにて』
監督:ジョナス・カルピニャーノ
出演:ピオ・アマート、クドゥ・セイオン、ヨランダ・アマート
2017年/イタリア=アメリカ=フランス=スウェーデン/118分/DCP/武蔵野エンタテインメント株式会社/R15+
(c)2017 STAYBLACK PRODUCTIONS SRL E RT FEATURES U.S. LLC TUTTI I DRITTI RISERVATI

『淪落の人』
監督:オリヴァー・チャン
出演:アンソニー・ウォン、クリセル・コンサンジ、サム・リー、セシリア・イップ、ヒミー・ウォン
2018年/香港/112分/DCP/武蔵野エンタテインメント株式会社
NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (c)2018

■開催情報
「新宿東口映画祭」
5月28日(金)~6月10日(木)開催
会 場:武蔵野館(東京都新宿区新宿 3-27-10 武蔵野ビル3F)
シネマカリテ(東京都新宿区新宿 3-37-12 新宿NOWAビルB1F)
後援:新宿区 公益財団法人 新宿未来創造財団 一般社団法人 新宿観光振興協会
公式サイト:http://www.filmfest.musashino-k.co.jp
公式Twitter :@shinjuku_f_fest

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる