フランソワ・オゾン監督が描く“初恋に溺れた夏” 『Summer of 85』8月20日公開決定

フランソワ・オゾン監督が描く“初恋に溺れた夏” 『Summer of 85』8月20日公開決定

 フランソワ・オゾン監督最新作『Summer of 85』が、英題のままの邦題で8月20日より公開されることが決定した。

 本作は、オゾン自身が17歳の時に出会い深く影響を受けたエイダン・チェンバーズの小説『おれの墓で踊れ』(徳間書店)を映画化したもの。描かれるのは、運命的な出会いを果たした美しき少年たちの、初めての恋と永遠の別れ。原作小説に感銘を受けた10代当時の感情を投影しながら、少年たちの忘れられないひと夏の恋物語を映し出す。

 1985年夏のフランス、進路に悩む労働者階級の16歳の少年アレックスは、自然体でひょうひょうとした18歳のダヴィドと出会い惹かれ合う。アレックスとダヴィドを演じたのは、いずれもオゾン自らオーディションで見出した、フェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザン。

 本作は、第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出、第15回ローマ国際映画祭で観客賞を受賞、第46回セザール賞では作品賞や監督賞など12部門にノミネートされた。

映画『Summer of 85』予告編

 あわせて公開されたティザー映像では、THE CUREの「In Between Days」を聴きながら、憂いを帯びた表情でダヴィド(バンジャマン・ヴォワザン)との初めての恋を思い出すアレックス(フェリックス・ルフェーヴル)の哀愁漂う姿が映し出されている。

■公開情報
『Summer of 85』
8月20日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー
配給:フラッグ、クロックワークス
原題:Ete 85/英題:Summer of 85/PG-12
(c)2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINEMA-PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES
公式サイト:summer85.jp
公式Twitter/Instagram:@summer85movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる