デ・ニーロ×トミー・リー・ジョーンズ×モーガン・フリーマン共演のコメディ映画、6月公開へ

 ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマンが共演する映画『The Comeback Trail(原題)』が、『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の邦題で6月4日に公開されることが決定し、あわせてビジュアルが公開された。

 本作は、アカデミー賞に輝くハリウッドの三大レジェンドが肩の力を抜いてドタバタ劇を繰り広げるコメディ映画。舞台は1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックスは、ギャングのレジーからの借金が返せず大ピンチだが、起死回生の大トリックを思いつく。危険なスタント撮影で死亡事故が起きれば、保険金がガッポリ入って大儲けができる。早速ボツにしていたサイテーの脚本を引っ張り出し、老人ホームから往年のスター、デュークを担ぎ出して西部劇の撮影を開始する。ただし真の目的は、映画を絶対に完成させないこと、そして撮影中にデュークに死んでもらうこと。ところがデュークは思いの外しぶとくて、撮影は順調に進んでしまう。

 他人を騙してナンボのハリウッドとはいえ、詐欺スレスレどころか絶対アウトなダメ男マックスに扮するのはデ・ニーロ。自殺願望を持ちながらも意外な大活躍を見せる元西部劇スターのデュークをジョーンズ、極悪なギャングのボスで映画マニアのレジーをフリーマンが演じる。

 3人のレジェンド俳優に加え、マックスの甥っ子でお人好しのビジネスパートナーに『終わりで始まりの4日間』のザック・ブラフ、マックスの弟子から宿敵となった若手プロデューサーに『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュが扮する。

 監督と脚本を務めたのは、デ・ニーロに王道エンタメの道を開いたアクションコメディ『ミッドナイト・ラン』の脚本で知られるジョージ・ギャロ。ギャロは18歳の時にたまたま『The Comeback Trail』という映画のラフカットを観る機会があり、そのアイデアに魅せられて長年に渡ってリメイクの可能性を模索していたという。同作は70~80年代に多くのB級映画を手がけたハリー・ハーウィッツ監督が自主制作したもので、正式に劇場公開されたことがなく、観たのはわずかな業界人のみという幻のカルト映画として一部で話題になっていた。ところがギャロは、偶然ハーウィッツの未亡人と知り合ってリメイク権を獲得。さらに旧知のデ・ニーロから「何か愉快な作品をやりたい」と言われたことで、ほぼ半世紀に渡る念願の企画を実現させることになった。

 公開されたビジュアルでは、見るからにうさん臭いプロデューサーの雰囲気を漂わせるマックス、タフな西部劇スターの貫禄たっぷりのデューク、ギャングらしい凄みを見せるレジーの3人を大きく捉えながら、劇中劇の主演俳優であるデュークが見舞われる絶体絶命のピンチの数々もちりばめられている。

■公開情報
『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』
6月4日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ジョージ・ギャロ
出演:ロバート・デ・ニーロ、トミー・リー・ジョーンズ、モーガン・フリーマン、ザック・ブラフ、エミール・ハーシュ
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
アメリカ映画/英語/2020年/104分/シネスコ/5.1ch/原題:The Comeback Trail/日本語字幕:藤本聡
(c)2020 The Comeback Trail, LLC All rights Reserved
公式サイト:comeback-hollywood.com
公式Facebook:@albatrosdvd
公式Twitter:@albatros_dvd

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる