杉咲花×倉悠貴が生み出した『おちょやん』中盤戦の“神回” 千代と一平の関係にも進展

杉咲花×倉悠貴が生み出した『おちょやん』中盤戦の“神回” 千代と一平の関係にも進展

「一人やあらへん、俺がおる」

 一平(成田凌)の優しい言葉が響いた『おちょやん』(NHK総合)第60話。今週は千代(杉咲花)と、幼い頃に生き別れ行方知れずだった弟・ヨシヲ(倉悠貴)の再会が描かれた。

 最愛の母はずっと昔に病気で亡くなり、父・テルヲ(トータス松本)はギャンブルと酒に溺れ、まったく親としての役割を果たさなかった。そんな中、“たった一人の家族”であるヨシヲと共に暮らすことを夢見て、どんな辛い夜も「明日もきっと晴れやな」と信じて乗り越えてきた千代。

 ヨシヲのためなら死ねる。そこまで思い続けてきたヨシヲはやくざ者と手を組み、道頓堀の芝居小屋を牛耳る鶴亀株式会社、そしてあろうことか千代本人をも追い詰めようとしていたのだ。

 千之助(星田英利)の思わぬファインプレーもあって、千代と一平はえびす座に火をつけようとしていたヨシヲを止めることができた。ヨシヲたちを雇って鶴亀を潰そうとしていた連中と、鶴亀の社長・大山(中村鴈治郎)との間で話がつき、やくざ者はヨシヲをおいて神戸に戻ったという。

 それでもテルヲの元から抜け出し、行き場のなかった自分を彼らが救ってくれた、俺にはあの人たちしかいてへんと千代を突っぱねるヨシヲ。千代が幼くして奉公に出たのは、弟のためでもあったが、残されたヨシヲは置いてけぼりにされた悲しみから千代をずっと恨んでいた。

 けれど思いの丈を涙ながらにぶつけ、一通り喋った後にお腹を「グゥ」と鳴らせたヨシヲは昔から一つも変わっていない。千代にとってはちょっと泣き虫で、「ねえやん、ねえやん」と甘えてくる弟そのものだ。千代が作ったおじやを一緒に食べる2人は、貧しかった頃の思い出を振り返る。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる