Netflix、韓国作品に巨額投資 オリジナル映画や人気作の続編など新作ラインナップも発表

Netflix、韓国作品に巨額投資 オリジナル映画や人気作の続編など新作ラインナップも発表

韓国映画の躍進と、Netflixオリジナル長編映画制作の強化

 次のセッションでは、近年の韓国映画とヒットを受け、改めて映画コンテンツの魅力について考え、新作映画作品の紹介をするパネルが開かれた。Netflixコンテンツ部門ディレクター(映画)であるキム・テウォンとカン・ドンが語る。2020年は全世界の人にとって大変な1年ではあったが、韓国映画にとっては躍進的な1年だったと語る。

Netflixコンテンツ部門 ディレクター(映画)キム・テウォン、カン・ドン

 「ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』がオスカーを受賞し、Netflixからは『#生きている』が世界中で鑑賞され、良い評価を得ました。『スペース・スウィーパーズ』は約80カ国で総合TOP10に入るなど、韓国映画の人気の高さを証明しました。韓国映画への注目は言葉や文化の壁を越えて、どこでも、誰からでも愛されることができるという信念を再認識させてくれます。まさに、“1インチぐらいの壁を乗り越えれば”多くの韓国作品を楽しむことができるのです」と、ポン・ジュノ監督がゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞した際に述べたスピーチを引用した。

 その後、Netflixオリジナル映画の新作として、『Carter (英題)』と『Moral Sense(英題)』の製作を発表。そのまま、パネルには両作品の監督が登壇した。

 登壇した『Carter』のチョン・ビョンギル監督と『Moral Sense』のパク・ヒョンジン監督は、クリエイターの意図が実現できるようにサポートするNetflixとの新たな作品づくりに期待感を示した。チョン・ビョンギルは「クリエイターのビジョンを尊重してくれるNetflixとの製作を楽しみにしています。自身の力量と想像力を思う存分発揮できるように、万全の体制でサポートしてくれるNetflixと素晴らしいアクション映画を製作し、世界中のメンバーにお届けできるように努めます」と述べる。

チョン・ビョンギル

 『Carter』は、自分が何者なのか記憶のない男が主人公の物語。唯一、耳元に残る「カーター」と自分を呼ぶ声をたどり、声の命令に従って、男は誘拐された少女を救うミッションを遂行するという、ワンシーン・ワンカットのアクション映画だ。チョン・ビョンギル監督は『殺人の告白』と『悪女/AKUJO』で知られている。『Carter』はまさに『殺人の告白』を撮り終えた後に取り掛かったプロジェクトであり、監督は「世界に発信する作品として、シンプルな物語で誰もが気軽に共感でき、映画が終わるまで興味を惹き続けられるようなものを作ろうとしました」と語っている。

パク・ヒョンジン

 一方、『Moral Sense』はNetflixオリジナル韓国映画の中でもまだ珍しいロマンス作品となっている。一見ありふれた会社員のように見えて、実はひそやかにBDSMの性向をもつ男。ある日、郵便で首輪を注文したことが女性の同僚に見つかることをきっかけに、ふたりの関係が一変するというロマンチック・コメディだ。監督を務めたパク・ヒョンジンは「約190カ国のメンバーの皆さんに同時にお会いできることに、心が震えるほどワクワクしています。多くの素晴らしいロマンス作品を扱うNetflixのなかで、本作もユニークな愛のかたちを届けられたらと思います。韓国を超えて世界中の人々に、映画の面白さや感動、共感をお伝えできるような作品を生み出せるように最善を尽くしたいです」と語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる