『ハリー・ポッター』HBO Maxでドラマ化? シリーズが2020年代に蘇るために必要なこと

『ハリー・ポッター』HBO Maxでドラマ化? シリーズが2020年代に蘇るために必要なこと

 2021年1月25日、アメリカの動画ストリーミングサービスHBO Maxが、『ハリー・ポッター』のドラマ化に向けて動き出しているとVarietyが報じた(参照:https://variety.com/2021/tv/news/harry-potter-series-hbo-max-1234865601/)。HBOといえば、世界中で大旋風を巻き起こした『セックス・アンド・ザ・シティ』をはじめ、近年では『ゲーム・オブ・スローンズ』や『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』、『ウエストワールド』など、ハイクオリティなドラマを多数制作・放送していることで知られるケーブルテレビ局である。「HBO制作のドラマであれば間違いない」といわれるほどの実績を残してきた。そのHBOが自社のストリーミングサービスのオリジナル作品として、世界中で人気を博す『ハリー・ポッター』をドラマ化するとなれば、注目しないわけにはいかない。

『魔女がいっぱい』(c)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 『ハリー・ポッター』の映画シリーズを制作したワーナー・ブラザースは昨年、2021年から新作映画を劇場公開と同時にHBO Maxで配信すると発表。そして2020年10月22日には『魔女がいっぱい』が、12月25日には『ワンダーウーマン 1984』が劇場公開と同時に配信開始となった。今後、この2社の提携はさらに緊密になるだろう。しかしコンテンツ制作に関してはなにも報じられていなかった。そこに今回、『ハリー・ポッター』ドラマ化の噂が出たのだ。今のところワーナーもHBO Maxもこの件について否定しているが、Varietyは複数のソースから情報提供があったとしている。世界中に多くのファンを抱えるシリーズだけに、今後の動向が気になるところだ。しかし“魔法ワールド”の新たな物語が2020年代に広く受け入れられるものになるためには、いつくか課題がある。

これまでの“魔法ワールド”作品

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』TM &(c)2010 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights(c)J.K.R.

 イギリスの作家、J.K.ローリングが生み出した魔法使いの少年ハリー・ポッターの物語は、世界でシリーズ合計発行部数5億部を超える大ベストセラーとなった。本シリーズは想像力あふれるファンタジーの世界に、英語圏を中心とした伝説やラテン語などを含んだ言葉遊びがふんだんに盛り込まれ、子どものみならず大人も虜にしたのがヒットの要因といっていいだろう。2001年からは映画シリーズがスタートし、さらに世界中でファンを獲得。2011年に『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』が公開され、シリーズは完結した。

 2016年には、スピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの冒険』が公開され、新たな“魔法ワールド”が描かれることになる。本作は、ハリー・ポッターの時代から約80年前の1920年代が舞台。ハリーたちが使っていた教科書「幻の動物とその生息地」の著者ニュート・スキャマンダーの物語だ。ローリングによるオリジナル脚本ということでも話題を集めた。本作は5部作で完結となることが発表され、2018年には続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開された。2022年には3作目が公開される予定だが、こちらはタイトル未定。主要キャラクター、グリンデルバルドを演じたジョニー・デップが降板し、マッツ・ミケルセンが役を引き継ぐことが発表されるなど、先行きは不透明だ。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(c)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.

 また2016年から上演が開始された舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の映像化を期待する声もある。これはハリーの息子アルバス・セブルス・ポッターを中心とした物語で、大人になったハリーやロン、ハーマイオニーも登場する。ウェストエンドでのオリジナルキャストとして、大人になったハーマイオニー役にアフリカ系のノーマ・ドゥメズウェニが起用されたことでも話題になった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる