『岸辺露伴は動かない』期待を超える実写化! 「だが断る」からも伝わる原作への“圧倒的敬意”

『岸辺露伴は動かない』期待を超える実写化! 「だが断る」からも伝わる原作への“圧倒的敬意”

 高橋一生が主演を務める『岸辺露伴は動かない』(NHK総合)が、12月28日より3夜連続の放送をスタートさせた。

 本作は、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズから派生した『岸辺露伴は動かない』シリーズが原作。ちょっと風変わりで、リアリティを何よりも重んじる主人公の漫画家・岸辺露伴が、取材先で遭遇する奇妙な出来事の数々をホラー風に描く。

 10月の放送発表から、12月のティーザー映像公開と、放送が近づくにつれファンの期待は右肩上がり。28日オンエア当日はTwitterのトレンドトピックに1日中『岸辺露伴は動かない』が入り続けていた。

 それほどまでに上がりきったハードルを、今作はいともたやすく飛び越えていった。岸辺露伴を演じる高橋一生は、10代の頃から現在まで『ジョジョの奇妙な冒険』の連載をリアルタイムで読み続け、岸辺露伴を“露伴ちゃん”と呼ぶほどの熱狂的な『ジョジョ』ファン。脚本はアニメシリーズのシリーズ構成、脚本を手がけてきた絶対的な存在の小林靖子に、演出は大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)で高橋と1年間一緒だった渡辺一貴という盤石の布陣である。

 まず、49分間の第1話「富豪村」を観終えて感じたのは、一点の曇りもない充足感。「新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーに」爽やかな気分だ。それは原作に敬意を表する、製作陣の圧倒的な“ジョジョ愛”にほかならない。

 冒頭、露伴邸に泥棒2人が空き巣……いや、居空きに入るシーンは、原作にはないオリジナル要素。露伴の第一声「おいッ!」(テレビの字幕設定で確認できる)の「ッ」から、興奮させられる。第1話には『ジョジョ』を、露伴を知らない視聴者のために、彼のキャラクターと人間を読み書きできるようにするスタンド(特殊能力)の「ヘブンズ・ドアー」を説明する役割がある。驚くのは、ヘブンズ・ドアーの再現の仕方。スタンド像を描写することなく、顔面にペラペラと本のページを置くことによって、原作を知っている視聴者には脳裏にヘブンズ・ドアーが浮かび、初めて観る人にはそのままで物語が成り立っていく。一番の懸念点だったヘブンズ・ドアーの再現を、原作の世界観をぶち壊すことなく、リアリティを持って、極上のエンターテインメントに変えた点は、まさにグレートなポイントだ。

 『ジョジョ』の真骨頂でもある、奇妙な出来事が起こり始めるのは、30分を過ぎた辺りから。富豪村の案内役・一究(柴崎楓雅)から露伴の担当編集・泉京香(飯豊まりえ)がマナー違反を指摘され、再試み(さいトライ)を承諾する場面だ。露伴は一究に能力を使い、彼を本にするが「他人の心の中を断りもなく、読もふとするなど、相手への敬意に欠ける。マナー違反」と先手を打たれ、違反の代償に右手を失ってしまう。「お帰りになられますか?」と追い詰めていく一究に、露伴は左手だけで廊下を這い蹲り、「その方がいいんだろうな」と諦めにも似た言葉をつぶやくがクルッと振り返り、「だが断る」と一究を見下すのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる