『岸辺露伴は動かない』脚本・小林靖子が大事にした荒木飛呂彦イズム 「台詞に“ッ”を入れちゃう」

『岸辺露伴は動かない』小林靖子に聞く脚本術

 「『岸辺露伴は動かない』実写化決定、主演は高橋一生、脚本は小林靖子」。本情報が発表されたとき、多くの“ジョジョファン”が期待に胸を膨らませた。なぜなら、以前からジョジョ好きであることを公言していた高橋が露伴を演じること、そして原作を見事に昇華したアニメシリーズを手掛けた小林靖子が脚本を担当するからだ。『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの中でも屈指の人気キャラ・岸辺露伴を実写として、いかに構築したのか。小林靖子にその脚本術を聞いた(編集部)。

“実写に落とし込める”描写にするために

ーーまずは実写化が決まった時の感想を教えてください。

小林靖子(以下、小林):最初に話をいただいたときは、実写、しかもNHKさんでということでびっくりしました。結果として、短編で短期の放送に向いているお話でとてもよかったんじゃないかなと思います。

ーーNHKでの放送ということで、脚本化するに当たって意識された部分はありましたか?

小林:脚本を執筆する上で、NHKさんだから、という制約は特になかったです。公共放送で漫画原作をやるということで、なぜかすごく意外な感じがしたんですが、考えればアニメ『進撃の巨人』も放送していますし、特に不思議ではないですよね。NHKさんだからこそ年末の浅い時間(22時〜)でも放送できるのかなと。普通の民放で考えたら深夜ドラマになってしまう気がしました。

ーー『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメではシリーズ構成を担当されていましたが、シリーズ構成と脚本の違いを教えてもらえますか?

小林:アニメの方でもシリーズ構成をやりつつ、脚本もやっていたんです。原作を一つのホールケーキに例えたとして、それを12等分して、均等に切ると「これにはイチゴが3つ乗ってて、これにはイチゴが一個もない」ってなっちゃうんですよ。それをイチゴが均等に乗るように形を揃えて分量を揃えて、脚本のライターさんに「一枚の皿に乗り切らない分を切ってください、足らなければ足して下さい」と発注するのがシリーズ構成。脚本はお願いされた長さに一本のドラマとして仕上げることをイメージしていただければいいでしょうか。

ーーなるほど。改めて、脚本を担当されていかがでしたか?

小林:今回は自分で脚本を書くので、逆に楽なんですよね。ほかのライターさんに発注しなくていいので。人に発注するとどうしても人の脚本を読まないといけないですし、修正があった場合はやり取りする手間は増えます。今回は両方できて、気持ち的には楽でした。

ーー小林さんにとって、『ジョジョの奇妙な冒険』はどういった作品ですか?

小林:荒木飛呂彦先生にとってライフワークになっているので、スタッフ全員にとってもそれに近いものにしていかないといけないという覚悟はありました。先生と同じように“ライフワーク”って自分で言ってしまうとすごくおこがましいので、すごく大きなもの、大変なものにみんなで関わらせていただいているなっていうのは常にありました。

ーー今回の実写では原作からどのように脚色していくのかを決めたのでしょうか?

小林:いくつもある原作の短編の中から、どれをピックアップするかから始まりました。実写に落とし込める作品を漫画(『岸辺露伴は動かない』)から2本、小説(『岸辺露伴は叫ばない 短編小説集』)から1本をピックアップしまして。短編なので、49分に伸ばすにはどれもちょっと短いのもあって、オリジナルエピソードをくっつけて、膨らませて、3本の中で“縦軸”を作っていきました。今回は『ジョジョの奇妙な冒険』を知らない方、「岸辺露伴」を知らない方に観ていただくということもあるので、まずは岸辺露伴が何者であるかを説明しないといけません。その部分はオリジナル要素を付け足した感じです。あとは実写に落とし込める描写にするということで、スタンドの描写も難しいので、そういうところも考えつつでした。

ーー「実写に落とし込める」というのは?

小林:漫画をアニメにしようが実写にしようが、とにかく映像として動くのは同じなんですが、実写になると今度は一画面にものすごい情報量が多くなるんですね。それこそ、ロケとセットでは、すでに空中に浮遊している見えない埃さえ空気感として映って、原作の『ジョジョの奇妙な冒険』の世界とは違ってしまう。最近はテレビ画面も大きいので、実写でやると漫画的な口元アップが気持ち悪く感じてしまうこともあります。“物が生で映る”のが問題ないのか、それとも違和感があるのか、それを考えていく作業ですね。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる