“個性”を活かす時代にいち早く成功!? 『ごくせん』から振り返る、速水もこみちの役者道

“個性”を活かす時代にいち早く成功!? 『ごくせん』から振り返る、速水もこみちの役者道

 先日、速水もこみちが自身の公式Instagramで過去の宣材写真を公開。年末に『ごくせん』第2シリーズ(日本テレビ系)が再放送されるというニュースが出た翌日のことだった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

速水もこみち(@mocomichi_hayami)がシェアした投稿

速水もこみち

 速水と言えば、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内の人気料理コーナー「moco’s キッチン」を8年間にわたり担当していたことから、今や役者よりも料理人のイメージの方が強い人もいるかもしれない。

 その彼がここまで売れるきっかけとなった作品こそが、前述の『ごくせん』第2シリーズだ。当時20歳の速水は本作で、喧嘩っ早い黒銀学園の生徒・土屋光を演じた。学ランを着くずした野性味あふれる姿に、長身を生かし上から人を見下ろす様子など、不良らしい威圧感を存分に発揮し、小田切竜(亀梨和也)や矢吹隼人(赤西仁)と共に人気を博す。喧嘩ばかりの土屋は、その実、真っ直ぐで素直なところもありどこか憎めない存在だ。第4話では、黒銀学園の学校見学に訪れた女子生徒を庇うなど、面倒見の良さも発揮する。

 土屋役を好演したことにより知名度を上げた速水はその後、『ブラザー☆ビート』(TBS系)、『レガッタ〜君といた永遠〜』(テレビ朝日系)、『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(フジテレビ系)、映画『ラフ ROUGH』(2006年)など様々な作品に出演。俳優としてのキャリアを積んでいく。186cmの長身にかなりの小顔であり、その圧倒的な外見からいわゆる「イケメン役」に抜擢されることが多く、『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』(フジテレビ系、『絶対彼氏』)ではその“完璧”なイメージを生かしてイケメンロボット役を演じたことも。『絶対彼氏』公式サイトの番組紹介には、「“人間離れ”した美しさを持つ速水もこみちが『完璧(かんぺき)なイケメン恋人型ロボット』役に挑戦」との記載もあり、一時代のイケメン枠として、その美しさがいかに広く認知されていたかがうかがえる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる