ジャニーズ新時代を築いた亀梨和也×赤西仁の“仁亀コンビ” 『ごくせん』第2シリーズ再放送に寄せて

ジャニーズ新時代を築いた亀梨和也×赤西仁の“仁亀コンビ” 『ごくせん』第2シリーズ再放送に寄せて

 2020年12月27日から30日、4日間にわたっての再放送が決定した『ごくせん』第2シリーズ(日本テレビ系)。TVer、日テレTADAでも順次配信、Huluでは12月27日の放送終了後から全話が一挙配信される。

 今年6月には、松本潤や小栗旬が出演した第1シリーズ(2002年)が再放送され大きな反響を呼んだ『ごくせん』。今なお根強い人気を誇る、言わずと知れた大ヒットドラマである。第2シリーズが放送されたのは2005年。速水もこみちや小池徹平など、現在も第一線で活躍する人気俳優がひしめき合う生徒役のなか、ひときわ注目を集めていたのがKAT-TUN・亀梨和也と赤西仁。通称“仁亀コンビ”だ。

 当時、ジャニーズJr.内で圧倒的な人気を誇っていたKAT-TUN。亀梨、赤西の『ごくせん 第2シリーズ』出演はグループの勢いを後押しし、一般視聴者層にもその存在を知らしめた。令和の世にもその名を轟かせる無敵コンビの魅力と功績、彼らが伝説と呼ばれる所以について、本作再放送を機に振り返る。

 『ごくせん』第2シリーズの舞台は、優秀な生徒ばかりが集まる男子校・黒銀学院高等学校。そのなかにあって、問題児ばかりが集められた3年D組が、今作でのヤンクミ(仲間由紀恵)の生徒たちだ。

 亀梨演じる小田切竜、赤西演じる矢吹隼人は、ともにクラスメイトから一目置かれる存在。紆余曲折あって対立しているものの、小学生時代からの親友同士だ。クールな竜と、喧嘩っ早い隼人。キャラクターは異なれど、根はアツく仲間想いという共通点を持つ。

 ここからは、亀梨、赤西の関係性にフォーカスしていく。二人の出会いは1998年11月。同日入所であるが、活動開始当初からコンビであったわけではない。亀梨は、1999年『3年B組金八先生』第5シリーズ(TBS系)でドラマデビュー。やんちゃグループのひとりである寿司屋の息子・深川明彦役を演じた。放送開始当初こそ素朴な少年だったが、最終回を迎えるまでの半年間でみるみる垢抜けていく姿が印象的だった。また、過去に軟式野球の世界大会へ出場したほどの腕を買われ、ジャニーズの野球チーム「J2000」のピッチャーを任されるなど着実に注目を集めていった。

 赤西は亀梨よりも1学年、年長にあたる。本人曰くオーディションは不合格だったものの、番号札を返した相手がジャニー喜多川であり、さらにはそれが“1番”札だったことを理由に、一転して合格に繰り上がったという。赤西らしい、箔が付いた経歴だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる