戸惑うD・ラドクリフに、凶悪なS・ウィーヴィング 『ガンズ・アキンボ』場面写真公開

戸惑うD・ラドクリフに、凶悪なS・ウィーヴィング 『ガンズ・アキンボ』場面写真公開

 2021年2月26日に公開されるダニエル・ラドクリフ主演映画『ガンズ・アキンボ』の場面写真が公開された。

 本作は、『ハリー・ポッター』シリーズ、『スイス・アーミー・マン』のラドクリフが両手に拳銃を固定されてしまうアクション映画。『アベンジャーズ』や『ホビット』シリーズの特殊効果を手掛け、『デビルズ・メタル』を監督したジェイソン・レイ・ハウデンがメガホンを取った。

 ラドクリフが演じるのは、「人生なんてクソだね!」と毒を吐く、うだつの上がらないゲームプログラマー、マイルズ。クビ寸前、彼女とは破局寸前、唯一の趣味はビール片手にネットを荒らしまくるどうしようもない男だ。顔が見えないことをいいことに“スキズム”という、リアルデスゲーム(殺し合い)を生配信する超危険サイトを荒らしまくった結果、運営側の怒りを買ってしまった。殺し合いを生配信する「スキズム」で大人気の殺し屋ニックスを、『レディ・オア・ノット』で主役を務めたサマラ・ウィーヴィングが演じる。

 公開された場面写真では、どんどん追い込まれていくラドクリフの姿や、『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』でビルの娘ティア役を演じたサマラ・ウィーヴィングの凶悪な姿が垣間見られる。その他にも、ゲームの対戦カード風にマイルズとニックスを並べた写真や、これから己に降りかかる災難を全く予想せずソファでだらしなく寝そべる姿、ついに逃げ惑うだけではなく銃を構えたマイルズのカットが見られる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『ガンズ・アキンボ』
2021年2月26日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督・脚本:ジェイソン・レイ・ハウデン
製作:ジョー・ニューローター、フェリペ・マリーノ、トム・ハーン
出演:ダニエル・ラドクリフ、サマラ・ウィーヴィング、ネッド・デネヒー、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ、リス・ダービー
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ポニーキャニオン
2019年/イギリス・ドイツ・ニュージーランド/カラー/スコープサイズ/英語/原題:Guns Akimbo/98分/R-15
(c)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.
公式サイト:guns-akimbo.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる