ダニエル・ラドクリフが前代未聞の脱獄計画に挑む 『プリズン・エスケープ』9月公開決定

ダニエル・ラドクリフが前代未聞の脱獄計画に挑む 『プリズン・エスケープ』9月公開決定

 ダニエル・ラドクリフ主演映画『Escape from Pretoria(原題)』が、『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』の邦題で9月18日よりシネマート新宿ほかにて全国順次公開されることが決定した。

 本作は、政治脱獄犯ティム・ジェンキンを主人公に据えた、すべての人の平等を追求するために立ち上がった男たちの実話スリラー。ラドクリフがティム・ジェンキンを演じ、Netflixドラマ『ザ・ダート モトリー・クルー自伝』のダニエル・ウェバー、『ハリー・ポッターと賢者の石』のイアン・ハート、今年映画化もされたオーストラリアドラマ『ミス・フィッシャーの殺人ミステリー』のネイサン・ペイジらが脇を固める。新鋭フランシス・アナンが監督を務めた。

 南アフリカ人のティム・ジェンキンは、白人でありながら反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」の隠密作戦を行い、同胞のスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)とともに最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄される。ジェンキン、リーらは、自由と平等を手にするためにすぐに脱獄を決意。様々な脱獄方法を模索し、最後に選んだ手段は、無謀とも言える木片を集めた鍵だった。看守の目を盗みながら、鍵を作っては解錠を繰り返し、徐々に出口までの鍵が完成していく一方、看守たちの監視の目は厳しさを増していく。そして、投獄から18カ月後の1979年、彼らは“鉄製”の扉を“木鍵”で突破を試みる。

 公開されたポスタービジュアルでは、“木鍵”を握るラドクリフと、相棒を演じるウェバーの遠くを見つめる表情が切り取られている。

■公開情報
『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』
9月18日(金)、シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開
監督・脚本:フランシス・アナン
脚本:L・H・アダムス、カロル・グリフィス
製作:デヴィッド・バロン、ゲイリー・ハミルトン
原作:ティム・ジェンキン『脱獄』(同時代社刊)
出演:ダニエル・ラドクリフ、イアン・ハート、ダニエル・ウェバー、ネイサン・ペイジ、スティーブン・ハンター
配給:アット エンタテインメント
後援:ブリティッシュ・カウンシル
原題:Escape from Pretoria/英=オーストラリア/英語/2020年/106分/シネスコ/G/字幕翻訳:安本熙生
(c)2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP
公式サイト:www.at-e.co.jp/film/escape/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ