山本耕史、『アノニマス』で主演・香取慎吾と『新選組!』以来16年ぶり共演 「まさか本当になるとは」

山本耕史、『アノニマス』で主演・香取慎吾と『新選組!』以来16年ぶり共演 「まさか本当になるとは」

 山本耕史が、『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)で16年ぶりに香取慎吾とドラマ共演を果たすことが発表された。

 民放ドラマの出演・主演が5年ぶりとなる香取主演の本作は、SNS誹謗中傷問題に焦点を当てた新感覚クライムサスペンス。同枠の社内企画募集で300通を超える応募の中から選ばれた企画で、『バイプレイヤーズ』や『40万キロかなたの恋』など挑戦的なオリジナル作品を連発する濱谷晃一プロデューサーのオリジナル企画となる。

 山本が演じるのは、香取演じるワケあり捜査官・万丞渉がかつて所属した捜査一課の刑事・羽鳥賢三。山本はNHK大河ドラマ『新選組!』(2004年)での共演以来、香取と親交が深く、プライベートでは親友の2人が今作では対立関係を演じる。

山本耕史 コメント

オファー時の感想

香取くんとは大の仲良しなので本当に嬉しい限りです。最初香取くんがテレビ東京でドラマをやるって聞いたときに「何で俺に話が来ないのかな(笑)」と思ったくらいで。香取くんから「出てくれないんですか!」といわれて、「オファー来てないから!」って返してスケジュールの話をしていたら、すぐに出演のオファーをいただけました(喜)! ぜひ一緒にやりたいと思っていたけど、まさか本当になるとは思わなかったところもあるから嬉しいです。香取くんの久しぶりの民放の連ドラなので少しでも力になれれば嬉しいなと思います。

SNS犯罪のテーマについて

僕自体がそんなにSNSをやっていないですが、ニュースでもここ最近、SNSの犯罪は社会の問題として目にすることもあります。今までこういったドラマがなかったのは意外だったというのもありますが、いままさに社会の問題として目をつぶっていられないような状況になりつつあります。投稿する側は軽い気持ちでも、受け取る側は真摯に受け止めてしまうこともある。それを今回のドラマ、香取くんという主役を通して、メッセージ性の強い、現代にマッチした伝えるべきテーマだと思うので、丁寧に演じて作っていきたいと思います。

視聴者へメッセージ

香取くん自身も連ドラが久しぶりですし、僕らの共演も久しぶり。メッセージ性の強い作品なのでいろんな角度から楽しめていろんな角度から刺激を受けるドラマになると思うのでぜひ楽しみにしていただきたいです。見た人がSNSであまり叩かないようにしてくだされば……(笑)。

■放送情報
『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』
テレビ東京系にて、2021年1月25日(月)スタート 毎週月曜22:00〜放送
動画配信サービス「Paravi」にて配信予定
出演:香取慎吾、関水渚、MEGUMI、清水尋也、山本耕史、勝村政信 ほか
監督:及川拓郎ほか
脚本:小峯裕之、玉田真也
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、合田知弘(テレビ東京)、稲垣護、佐藤満
制作:テレビ東京/ギークピクチュアズ
制作協力:ギークサイト
製作著作:「アノニマス」製作委員会
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/
公式Twitter:@txdrm_anonymous
公式Instagram:txdrm_anonymous
(c)テレビ東京

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる