セーヌ川での人魚と男の出会いと恋の始まりが 『マーメイド・イン・パリ』予告編公開

セーヌ川での人魚と男の出会いと恋の始まりが 『マーメイド・イン・パリ』予告編公開

 2021年2月11日公開の映画『マーメイド・イン・パリ』より、予告編が公開された。

 本作は、パリを舞台にした人魚のラブストーリー。セーヌ川に浮かぶ老舗のバーでパフォーマーとして働くガスパールは、ある夜、傷を負い倒れていた人魚を見つける。ルラと名乗る人魚は、美しい歌声で出会う男性を虜にし、恋に落ちた男性の命を奪っていた。ルラは、ガスパールの命も奪おうとするが、過去の失恋から恋する感情を捨て去ってしまったガスパールには、その歌声が全く効かなかった。恋を知らぬまま、美しい歌声で男性を魅了し、その命を奪ってきた人魚ルラと、恋を捨ててしまった心優しい男性ガスパール。ふたりの男女が、偶然にもパリで出逢い恋に落ちる。

 マチアス・マルジウがメガホンを取り、『ダリダ〜あまい囁き〜』の二コラ・デュヴォシェルが“恋を捨てた男”ガスパールを演じ、『青い欲動』のマリリン・リマが“恋を知らない人魚”ルラ役を務める。そのほか、ロッシ・デ・パルマ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョらが脇を固める。

映画『マーメイド・イン・パリ』予告編

 公開された予告編では、セーヌ川で倒れていた人魚・ルラをバーのパフォーマーとして働くガスパールが助けるシーンから始まり、ルラとガスパールが惹かれ合う様子や、再び恋に目覚めたことでガスパールに異変が起こり、ガスパールの命の危機を感じたルラは海へ帰ろうとする姿、ルラがガスパールとともにパリの水族館の巨大水槽で泳ぐシーンなどが描かれている。

 また、予告編のシーンにおいてマルジウ監督のこだわりが詰まった世界観を感じることができ、特にガスパールの部屋の中心に配置され、ルラが生活をする場所となるバスタブの周りにはゴムのアヒルの人形をはじめ、様々な小物が置かれている。さらに、ガスパールが倒れたルラを見つけたセーヌ川をはじめ、ライトアップされたエッフェル塔などパリの街の風景も捉えられている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『マーメイド・イン・パリ』
2021年2月11日(木・祝)新宿ピカデリーほか全国公開
監督:マチアス・マルジ
出演:ニコラ・デュヴォシェル、マリリン・リマ、ロッシ・デ・パルマ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョウ
配給:ハピネット
配給協力:リージェンツ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
原題:Une sirene a Paris/2020/仏/102分/G
(c)2020 – Overdrive Productions – Entre Chien et Loup – Sisters and BrotherMitevski Production – EuropaCorp – Proximus
公式サイト:mermaidinparis.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる