『幽☆遊☆白書』Netflixで実写シリーズ化決定! 国内外から最高峰のチームが集結

 『週刊少年ジャンプ』の90年代黄金期を支えた冨樫義博の大ヒット漫画『幽☆遊☆白書』が、Netflixオリジナルシリーズとして実写化されることが決定した。

 1990年から4年間、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された『幽☆遊☆白書』(ジャンプ・コミックス刊)は、人間界、魔界、霊界を股にかける壮大な世界観で、個性的かつ魅力溢れるキャラクターたちが次々と降りかかる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャー。連載ごとに成長を続けるキャラクターと迫力満載のバトルシーンが読者の心を掴み、爆発的人気となり、連載終了から四半世紀経った今も、ファンの間で語り継がれている。そんな人気原作を、Netflixがかつてないスケールで実写ドラマシリーズ化する。

 ケンカに明け暮れる毎日を過ごす高校生・浦飯幽助はある日、幼い子どもをかばって事故死してしまう。しかし、霊体となった幽助は、霊界案内人を名乗る女性・ぼたんから、不良である幽助が“善い行い”で死ぬことが想定外だったため、天国にも地獄にも彼の行き先がないという衝撃の事実を告げられる。幽助は生き返るための試練に挑み、霊界探偵として、人間界、魔界、霊界を舞台に、壮大な謎に巻き込まれていく。

 Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクターの坂本和隆エクゼクティブ・プロデューサーは、「尺規制の無い各エピソードでのストーリー展開に加え、国内外から最高峰のチームが集結することで、原作がもつ壮大な世界観の魅力を最大化できることに喜びを感じます」とコメントを寄せている。

坂本和隆 (エクゼクティブ・プロデューサー/Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)

原作世代として育ち、当時のその熱狂と衝撃は鮮明な記憶として残っています。20年たった今でもその勢いは衰えるどころか、アジアをはじめ全世界にファンはひろがり続けていく中、Netflixにおける自由度の高い表現プラットフォームを最大限生かして作品づくりに向き合います。尺規制の無い各エピソードでのストーリー展開に加え、国内外から最高峰のチームが集結することで、原作がもつ壮大な世界観の魅力を最大化できることに喜びを感じます。

■配信情報
Netflixオリジナルシリーズ『幽☆遊☆白書』
Netflixにて全世界同時配信予定
原作:冨樫義博『幽☆遊☆白書』(ジャンプ・コミックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクター)
プロデューサー:森井輝
制作プロダクション:(株)ROBOT
企画・製作:Netflix

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる