生田斗真主演ドラマ『書けないッ!?』に北村有起哉、小池徹平、長井短、浜野謙太が出演

生田斗真主演ドラマ『書けないッ!?』に北村有起哉、小池徹平、長井短、浜野謙太が出演

 2021年1月よりテレビ朝日系で放送がスタートする生田斗真主演の連続ドラマ『書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』に、北村有起哉、小池徹平、長井短、浜野謙太が出演する。

 毎週土曜23時30分から24時にかけて放送される、テレビ朝日の土曜夜に新設される30分の新たなドラマ枠「オシドラサタデー」の第1弾となる本作は、『HERO』(フジテレビ系)や『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)、『DOCTORS 最強の名医』(テレビ朝日系)、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)など、数々の作品でヒットを連発する脚本家・福田靖が紡ぐ完全オリジナルストーリー。

 テレ朝ドラマ初主演となる生田が演じるのは、細々と執筆を続けながら、ベストセラー作家の妻や子どもたちのために家事全般を担う脚本家兼主夫の吉丸圭佑。ある日、ひょんなことから圭佑に連続ドラマの脚本執筆という千載一遇のチャンスが舞い込む。そして脚本家としてなかなか芽の出ない夫の圭佑を見守る妻・吉丸奈美を演じるのは、吉瀬美智子。奈美は「香坂りり子」というペンネームの売れっ子小説家で、ズバ抜けた知名度と収入を誇る吉丸家の大黒柱。家計を支える身となっても夫への愛情は変わらず、一世一代のチャンスに挑む圭佑を応援し続ける役柄となる。

 北村が演じるのは、メインライターがケガで突然降板することになり、困り果てたあげく、まったく無名の吉丸圭佑(生田斗真)にゴールデンタイム枠の連続ドラマの脚本執筆を依頼することになる東西テレビのプロデューサー・東海林光夫。NHK連続テレビ小説『エール』のほか、公開を控える映画『ヤクザと家族 The Family』『すばらしき世界』など多数の作品に出演する北村が、「当たってバズればいいんだよ」が口グセのいい加減なプロデューサーを演じる。

 また、圭佑が脚本を担当するドラマで初めてチーフを担当することになった監督・角隆史を演じるのは、配信ドラマ『奪い愛、夏』(ABEMA)、映画『覚悟はいいかそこの女子。』などに出演、2021年には自身初となる大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合)への出演も決定している小池。暑苦しいほどにやる気満々、撮りたいイメージがどんどん湧いてくる監督・角に息を吹き込む。

 さらに、内心では東海林をバカにしているアシスタントプロデューサー・松尾めぐみ役に、演劇活動とモデルを並行して活動している長井が決定。『真夏の少年~19452020』(テレビ朝日系)などのドラマや舞台に出演する長井が、まったくやる気のないめぐみを演じる。

 また、ドラマ関係者たちのムチャぶりに追い詰められた圭佑の前に突如出現するスキンヘッドの男を浜野が演じる。バンド・在日ファンクバンドでリーダー兼ボーカルを務めるほか、『ロマンスドール』や『くれなずめ』などの映画やドラマに多数出演する浜野が、本作では圭佑にしか見えない“スキンヘッドの男”という役柄でインパクトを放つ。

コメント

北村有起哉(東海林光夫役)

撮影現場がとても和やかな雰囲気なので、ホッとしています。ドラマ制作メンバー(小池徹平くん、長井短さんと私)の3人はいつも一緒なのですが、待ち時間も楽しく過ごさせてもらっています。
福田さんの脚本を読むと、主人公の吉丸くんがあまりに気の毒で。そして作家さんやプロデューサーの実体験がどこまで盛り込まれているのか、ムフフとニヤついてしまいました。プロデューサー役の私としてはドSにならないといけないので、主人公に対して容赦なく追い込みたいです。
皆さんが普段お茶の間で何気なく観ているテレビドラマですが、実は裏舞台にもドラマチックなことがたくさんあるんです。創作に携わる人々の艱難辛苦を、喜怒哀楽を織り交ぜてお届けできればと思っております。

小池徹平(角隆史役)

待ちに待った撮影だったんですが、ジェットコースターに乗っているみたいに駆け抜ける感じで(笑)、想像以上に楽しい現場です。初日から皆さんとの空気感が心地よい感じで、不思議な現場です。
今回の福田さんの脚本は、笑いなしでは読めないです! 毎回吹き出して笑ってしまうので、外では恥ずかしくて読めないかもしれません……うん、読めないッ!? ですね。登場人物が生き生きしていて、とても素敵な脚本です。ドラマの中では、撮影がどんどん進むにつれてトラブルが起きて、脚本を書き直して、またトラブルが起きて(笑)、とにかくドタバタがすごく面白い作品だと思うので、撮影現場のシーンも楽しみです。とても面白くて、皆さんを明るい気分にさせてくれる作品だと思いますので、たくさんの方に観てもらえるとうれしいです。

長井短(松尾めぐみ役)

福田さんの脚本を読んだ時に、どこまで本当にあったことなんだろう……っていうのがまず気になりました(笑)。黙読していてもセリフのテンポの良さが伝わってきて、「早くやりた~い」ってワクワクしたのを覚えています。そして迎えたクランクイン……私は皆さんと初めましてだったんですが、なんだか初めて会う気がしないくらい初日から楽しい撮影でした。
ドラマを作るのも大変なんだなあって、笑いながら見ていただけたらうれしいです。このドラマも、ドラマ内ドラマも良い作品にしてみせます!!!!

浜野謙太(スキンヘッドの男役)

一度朝ドラでご一緒させていただいた福田靖さんの脚本。その時からのリスペクトが止まらないです。
各登場人物への愛が溢れていて読んでいて幸せになれます。僕はそんな福田先生が抱えておられる闇の部分の担当だと思うので存分に凶悪にやらせてもらおうと思っているのですが、生田斗真くんが笑ってくれたりすると可愛すぎて和んでしまうのでキャラを保つために頑張っています。
特殊メイクスタッフの素晴らしい仕事ぶりもあり、僕の役は異様さを惜しみなく放っていると思いますが、アットホーム部分とのコントラストで脚本家というものの変態性がにじみ出るんじゃないかと出来上がりがホントに楽しみです。真の意味で家族で楽しめると思うので一緒にリアタイ視聴しましょーね!!

■放送情報
『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』
テレビ朝日系にて、2021年1月スタート 毎週土曜23:30~24:00放送
出演:生田斗真、吉瀬美智子、菊池風磨(Sexy Zone)、小野武彦、梅沢昌代、山田杏奈、潤浩(ユンホ)、北村有起哉、小池徹平、長井短、浜野謙太
脚本:福田靖
演出:豊島圭介、YUKISAITO
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
チーフプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、宮内貴子(角川大映スタジオ)
制作:テレビ朝日、ジェイ・ストーム
制作協力:角川大映スタジオ
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる