オールデン・エアエンライクらが語る 『BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド』特別映像

オールデン・エアエンライクらが語る 『BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド』特別映像

 12月16日よりシーズン1がHuluにて独占配信される『BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド』より、オールデン・エアエンライクらが作品の魅力を語る特別映像が公開された。

 本作は、オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説『すばらしい新世界』を原作にしたSFアクション。物語の舞台は、一夫一婦制、プライバシー、通貨、家族、歴史の概念を廃止することで平和と安寧を実現させた完璧ですばらしい新世界“ニュー・ロンドン”。そんなニュー・ロンドンに、数少ない旧世界人の青年ジョンがやってきたことをきっかけに、ユートピアの調和が乱れはじめる。

 NBCユニーバサルとスティーヴン・スピルバーグが率いる製作会社アンブリン・テレビジョンが共同製作した 本作には、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のオールデン・エアエンライク、『ゴースト/ニューヨークの幻』のデミ・ムーア、『ゲーム・オブ・スローンズ』のハリー・ロイドらが出演している。

Huluプレミア『BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド』特別映像(オールデン・エアエンライクらが作品の魅力を語る)

 公開された特別映像では、本作で旧世界の青年ジョンを演じるエアエンライクが「デヴィッドや他の脚本家たちは、ハクスリーのアイデアを見事に再現している。“幸せとは何か”というテーマを投げかけているんだ」と、原作とは異なる設定も取り入れつつ、原作で書かれていたテーマを再現したクリエイターのデヴィッド・ウィーナーや脚本を褒めたたえる。また、ジョンの母親リンダを演じるムーアも「時宜にかなった物語」と、この時代に映像化された意味を語っている。さらにエアエンライクは「ハクスリーが想像した未来は幸せしかない」「1932年に書かれた本の世界に近づき続けているとしたら本当に不思議なことだ」と、“幸せ”だけを追い求める現代人と、ニュー・ロンドンの人々との共通点を見出している。最後に、新世界の住人レーニナを演じるジェシカ・ブラウン・フィンドレイは、「適合できない社会にどうやって人類が立ち向かうかが本作の面白さ」と本作の見どころを語っている。

■配信情報 
Huluプレミア『BRAVE NEW WORLD/ブレイブ・ニュー・ワールド』シーズン1(全9話)
Huluにて、12月16日(水)から独占配信スタート 以降毎週水曜日に1話ずつ追加予定(字・吹)
(c)2020 Universal Content Productions LLC. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる