病を抱える16歳の少女と不良青年が恋に落ちる 『ベイビーティース』新予告&新ビジュアル公開

 2021年2月19日公開の映画『ベイビーティース』の新予告編と新ビジュアルが公開された。

 本作は、病を抱える16歳ミラの最初で最後の恋を描いた、切なくも美しいモーメント・ラブストーリー。病を抱える16歳のミラは、孤独な不良⻘年モーゼスと出会い恋に落ちる。ミラの初めての恋を両親は心配し猛反対するが、ミラは怖いもの知らずで自分を特別扱いせずに接してくれるモーゼスに惹かれ、彼との刺激的でカラフルに色づいた日々を駆け抜けていくが……。

 主人公のミラを演じたのは、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のエリザ・スカンレン。本作でヴェネチア国際映画祭最優秀新人賞を受賞したトビー・ウォレスがモーゼス役を務めた。メガホンを取ったのは、本作が⻑編デビュー作となったシャノン・マーフィー。カラー写真の先駆者ウィリアム・エグルストンの写真から着想を得て、映像デザインにこだわった。

 公開されたビジュアルでは、ミラとモーゼスがお互いを見つめ合う様子が切り取られている。

映画『ベイビーティース』予告編

 予告編では、ミラと不良⻘年モーゼスとの出会い、そして互いに惹かれ合っていくさまが、モノクロとカラーで描かれている。

■公開情報
『ベイビーティース』
2021年2月19日(金)新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー
監督:シャノン・マーフィー
出演:エリザ・スカンレン、トビー・ウォレス、エシ―・デイヴィス、ベン・メンデルソーン
2019年/オーストラリア/カラー/5.1ch/ヨーロッパビスタ/117分
配給:クロックワークス/アルバトロス・フィルム
(c)2019 Whitefalk Films Pty Ltd,Spectrum Films,Create NSW and Screen Australia
公式サイト:babyteeth.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる