2020年は7作もの映画に出演 萩原みのりが語る、役者としての現在地

萩原みのりが語る、役者としての現在地

 全国公開中の映画『アンダードッグ』と『佐々木、イン、マイマイン』の両作に出演する女優、萩原みのり。今年は『転がるビー玉』『37セカンズ』など7作もの映画に出演し、それぞれの作品で印象的な演技を見せている。

 今回、リアルサウンド映画部では萩原にインタビュー。『アンダードッグ』『佐々木、イン、マイマイン』の2作での北村匠海、藤原季節との共演から、2020年の変化、今後の俳優としてのビジョンまで語ってもらった。

『アンダードッグ』『佐々木、イン、マイマイン』など話題作続々出演 萩原みのり、北村匠海や森山未來らとの共演を語る

「悠二が季節くんでよかった」 

ーー『アンダードッグ』『佐々木、イン、マイマイン』と萩原さんが出演する2作が同日公開となります。ある意味正反対とも言える役柄ですが、どのように演じ分けましたか?

萩原みのり(以下、萩原):私は、ほかの人がこういうキャラクターだからこういう風にしようとか、バランスを取ろうとかあまり考えていなくて。自分がその役を演じる上で見えたもの、思ったことを徹底すれば、自ずとバランスは取れるだろうと思っています。自分が周囲を見渡せるほど器用じゃないからというだけなんですが(笑)。

ーー役柄は違えど、やるべきことは変わらないと。

萩原:はい。ただ、『佐々木、イン、マイマイン』に関しては、別れているのに同棲を続けている2人というちょっと複雑な設定で。私が演じるユキと(藤原)季節くん演じる主人公・悠二の関係は、普通はあまり理解されないものだと思うんです。それでもどこか素敵に映ったらいいなとは思っていました。

ーー藤原季節さんとは初共演となります。

萩原:実は18歳のときからかわいがってもらっているお兄ちゃんでもあるんですよ。

『佐々木、イン、マイマイン』(c)「佐々木、イン、マイマイン」

ーープライベートでの交流も深い分、やりやすかった?

萩原:そうですね。季節くんって正直な人だから、自分も自然体で会うことができるんです。東京に来てから仲良くなった友達って、女優として現場で会った人たちが多いから、どこか別のスイッチが入る感覚があるんですが、季節くんと会うときはそれがないんです。だから、つい今悩んでいることや不安なことばかり話して、かっこ悪い姿ばかり見せていて。それが逆に、共演する上でよかったと思っています。悠二が季節くんでよかったと思うし、悠二を季節くんがやるんだったら、「ユキは私しか無理でしょ!」ってちょっと強気に言えてしまうというか(笑)。

――相手が季節さんだったからこそできた演技もあったと。

萩原:プライベートでの付き合いが長い分、どうなるのか現場に入るまでは正直わからなかったんです。でもいざ現場に入ったら、季節くんではない、悠二がそこにいて。だから、私もなにも考えずに、ユキとしていることができました。季節くんのおかげだと思います。

劇場版『アンダードッグ』【前編】【後編】(c)2020「アンダードッグ」製作委員会

――一方の『アンダードッグ』では北村匠海さんと夫婦役での共演です。

萩原:今回初めて夫婦役、母親役を演じさせていただいたのですが、実年齢が二人とも若いので、すごく変な感じでしたし、私たちがちゃんと夫婦、お父さんとお母さんに見えるのかという不安はクランクインの前にはありました。

ーー『アンダードッグ』ではどのように役作りを?

萩原:撮影の初めの段階で赤ちゃんと一緒のシーンを撮ったんですが、匠海くんと2人で抱っこしたり、話しかけたりしていたら、自然と「お父さんとお母さん」という関係性が出来ていった気がします。あと、匠海くんは身体づくりのために、私たちと食べるものが違ったりするんです。そういうディテールを間近で見ることで、隣に寄り添う奥さんとしての気持ちを、お芝居の中だけではない時間で作ることができた気がします。

ーー藤原さんとはもともと親しい仲とのことでしたが、北村さんとの共演はいかがでしたか?

萩原:今回を機に仲良くなりました(笑)。サウナ好きとか、カレー好きとか趣味が似ていたりして。現場でも、一緒にいて楽しかったです。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる