『銀魂 THE FINAL』入場者プレゼント詳細発表 歴代名エピソードに加え最新映画のカットも

『銀魂 THE FINAL』入場者プレゼント詳細発表 歴代名エピソードに加え最新映画のカットも

 2021年1月8日に公開される『銀魂 THE FINAL』の入場者プレゼントが発表された。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載された、シリーズ累計発行部数5500万部を超える空知英秋の人気コミック。アニメシリーズは15年間続いており、有名アニメや漫画のパロディ、大量のモザイク処理、「終わる終わる」詐欺、全く反省の色を見せない度重なる謝罪などが話題に。テレビ最終回は、話の途中で突然終わるという前代未聞の暴挙でラストを迎えた。本作は、“今度こそ本当に”完結するというアニメ『銀魂』の劇場版第3作で、「原作のラスト」をベースに制作が進んでいる。

 入場者プレゼント「フィルム風シール」は、9月15日から10月13日まで実施され、投票総数12万2,843票を記録した「アニメ銀魂 名エピソード総選挙」の上位25話中からシーンが選定された。

 フィルム風シールはエピソードごとに作成され、そこにはエピソードごとの名シーン3種が収められている。ファンから熱い支持を受け第1位を獲得した第326話「さらば真選組」では、銀さんと土方十四郎が笑いあうシーンや、第2位となった第87話「私と仕事どっち大事なのとかいう女にはジャーマンスープレクッス」ではミツバのほほえみと病床のミツバに寄り添う沖田総悟の姿が収められるなど、15年の歴史、全367話と劇場版2作の中から厳選された77エピソードのうち、獲得票数上位25話それぞれの名シーンがフィルム風のシールになった限定アイテムとなっている。

 さらに、これらの25種に加えて、今回の『銀魂 THE FINAL』の名シーンを集めた5種も含まれる。その中には幼少期の銀さん、高杉、桂が桜並木の中を走る姿を収めたシーン、さらにはこの度公開となった、銀さん、高杉、桂の3人がひた走るシーンも含まれるなど、『銀魂 THE FINAL』を代表するシーンの数々が収められている。

 

■公開情報
『銀魂 THE FINAL』
2021年1月8日(金)公開
監督・脚本:宮脇千鶴
監修:藤田陽一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
公式サイト:gintamamovie.jp
公式Twitter:@gintamamovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる