『銀魂 THE FINAL』アフレコ終了 杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、高橋美佳子が思い明かす

『銀魂 THE FINAL』アフレコ終了 杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、高橋美佳子が思い明かす

 2021年1月8日に公開されるアニメ『銀魂』の劇場版第3作『銀魂 THE FINAL』のアフレコが完了し、終了直後のキャスト陣によるコメントと写真が公開された。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載された、シリーズ累計発行部数5500万部を超える空知英秋の人気コミック。アニメシリーズは15年間続いており、有名アニメや漫画のパロディ、大量のモザイク処理、「終わる終わる」詐欺、全く反省の色を見せない度重なる謝罪などが話題に。テレビ最終回は、話の途中で突然終わるという前代未聞の暴挙でラストを迎えた。本作は、“今度こそ本当に”完結するという劇場版第3作となる。「原作のラスト」をベースに制作が進んでいる。

 度重なる“終わる終わる詐欺”を続けてきた『銀魂』だが、最新作にしてラストを飾る映画『銀魂 THE FINAL』のアフレコが先日終了。そこで今回は、銀さんこと銀時役の杉田智和、新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵、そして定春役の高橋美佳子ら万事屋メンバーが収録後に最後のアフレコを終えた思いを語った。

 杉田は「最後の祭り、という意味では、自分のやるべき事は変わりません」と主役キャストらしく堂々と構えつつ、「バカは良い、なら、良いバカである為に必要な事は何か? 寛大で余裕のある許容の精神です」とコメント。阪口は「アフレコして確信しました、最後です!」と“本当のラスト”について言及しつつ、映画については「こんな御時世なのでアフレコ現場はバカ騒ぎとはなりませんでしたが、間違いなし!」と自信をのぞかせた。釘宮は、「銀魂としては久しぶりの収録で、私の思いすごしかもしれませんが何だか温かい雰囲気を感じました」と、アフレコの雰囲気を振り返り、「銀魂最後のお祭り騒ぎ、一緒に盛り上がりましょう!!」と、意気込みを語った。高橋はアニメ『銀魂』の15年間を振り返りながら「映画ラストのひと鳴きに思いを込めたので、最後までお見逃しなく! 『最後のバカ騒ぎ』万歳!!……本当に最後なのかな?(笑)」とコメントした。

 また公開された写真では、近藤勲役の千葉進歩、土方十四郎役の中井和哉、沖田総悟役の鈴村健一ら真選組メンバーのキャスト陣も集合し、万事屋キャストたちとともに、それぞれ台本を持ち笑顔を見せている。

コメント

杉田智和(坂田銀時役)

最後の祭り、という意味では、自分のやるべき事は変わりません。
我を忘れて楽しむ側ではなく、バランスを根底で支え続ける立場であるという事です。
バカは良い、なら、良いバカである為に必要な事は何か?寛大で余裕のある許容の精神です。
ノリ悪いな! って言う輩は自分のリズムしか信じられない無軌道な存在です。気を付けましょう。

阪口大助(志村新八役)

ついに最後です! 今度こそ最後です! アフレコして確信しました、最後です!
こんな御時世なのでアフレコ現場はバカ騒ぎとはなりませんでしたが、内容は間違いなし! でございます。お楽しみに!

釘宮理恵(神楽役)

このご時世に万事屋3人揃って収録できて、正直なところ、それが何よりも嬉しかったです。
銀魂としては久しぶりの収録で、私の思いすごしかもしれませんが何だか温かい雰囲気を感じました。
物語はみなさまご存知の方も多いとは思いますが、銀魂最後のお祭り騒ぎ、一緒に盛り上がりましょう!!
はじめましての方も、今ならまだ間に合いますっ!! ぜひー!!

高橋美佳子(定春役)

長い様であっという間の15年間でした。
まさかこんなにも長く犬の役を、定春をやらせて貰える事になるとは……嬉しい誤算でした!(お通ちゃんにももう一度会いたかったな?)
映画ラストのひと鳴きに思いを込めたので、最後までお見逃しなく!
「最後のバカ騒ぎ」万歳!!
……本当に最後なのかな?(笑)

■公開情報
『銀魂 THE FINAL』
2021年1月8日(金)公開
監督・脚本:宮脇千鶴
監修:藤田陽一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
公式サイト:gintamamovie.jp
公式Twitter:@gintamamovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる