『銀魂 THE FINAL』空知英秋描き下ろしビジュアル公開 初代担当編集もカムバック

 2021年1月8日に公開されるアニメ『銀魂』の劇場版第3作『銀魂 THE FINAL』より、空知英秋が描き下ろしたビジュアルが公開された。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載された、シリーズ累計発行部数5500万部を超える空知英秋の人気コミック。アニメシリーズは15年間続いており、有名アニメや漫画のパロディ、大量のモザイク処理、「終わる終わる」詐欺、全く反省の色を見せない度重なる謝罪などが話題に。テレビ最終回は、話の途中で突然終わるという前代未聞の暴挙でラストを迎えた。本作は、“今度こそ本当に”完結するという劇場版第3作となる。「原作のラスト」をベースに制作が進んでいる。

 公開されたビジュアルでは、銀さん、新八、神楽、定春、近藤、土方、沖田、桂、高杉、妙、お登勢、キャサリン、たま、九兵衛、神威、星海坊主と、総勢34名の姿が。「バイバイ、銀さん」とお別れの言葉とともに描かれるのは、「もうこれで卒業!」といわんばかりに、思い出の品を青空に投げるキャラクターたち。そして、その先には、マダオやエリザベスの姿も確認できる。

 また、漫画『銀魂』の初代担当であり、現『週刊少年ジャンプ』大西恒平メディア担当編集長が、最後の銀魂を見届けるために担当として帰ってきた。「『ONE PIECE』担当して、編集長にまでなって、出世コース邁進してウハウハだったんですが、なんの因果かこのタイミングで、また最悪の戦場に戻ってきてしまいました……。責任とりたくないよ、恐いよ……」とコメントしている。

 年末に行われた「『アニメ劇場版銀魂』~俺たちのスーパーステージ~」(公式サイトで配信中)の中での手紙にて、空知は「毎日エロ動画見てクソして寝るだけ」と連載終了後の時間を楽しんでいる様子だったが、大西メディア担当編集長によると、「最近の空知先生は、連載してないし、コロナだしで、やること無いから、筋トレして、禁煙して、規則正しい生活を送って、無駄に長生きしようとしてます」と近況を明かした。

 また、今回のビジュアルは8月22日より上映予定劇場(一部を除く)で順次掲出が開始される。同時配布されるチラシの裏面には、過去の場面写真が散りばめられ、これまでの謝罪の歴史の振り返りが掲載されている。

『週刊少年ジャンプ』大西恒平メディア担当編集長 コメント

『ONE PIECE』担当して、編集長にまでなって、出世コース邁進してウハウハだったんですが、なんの因果かこのタイミングで、また最悪の戦場に戻ってきてしまいました……。責任とりたくないよ、恐いよ……。
最近の空知先生は、連載してないし、コロナだしで、やること無いから、筋トレして、禁煙して、規則正しい生活を送って、無駄に長生きしようとしてます。

■公開情報
『銀魂 THE FINAL』
2021年1月8日(金)公開
監督・脚本:宮脇千鶴
監修:藤田陽一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
公式サイト:gintamamovie.jp
公式Twitter:@gintamamovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる