奥野瑛太、前原滉、細田善彦ら、これからを担う若きバイプレイヤーたちをチェック!

今後を担う、若きバイプレイヤーはだれ?

 良作には、脇を固める達者な役者たちが揃っていることが往々にしてある。ひいてはバイプレイヤーの名前があるだけで、おもしろい作品に違いないと信頼できる。そんな、“バイプレイヤー”という名称そのものを認知させたのは、皆が知る人気のおじさん俳優群だが、若い役者たちも負けてはいない。これからますますの飛躍が期待できる、20、30代の若きバイプレイヤーたちをピックアップした。

鋭く意思のある瞳で惹きつける、奥野瑛太

『エール』(写真提供=NHK)

 1986年生まれ、34歳の奥野瑛太。今年は連続テレビ小説『エール』(NHK総合)での吟(松井玲奈)の夫・鏑木智彦役を思い浮かべる人が多いだろう。意思の強さを感じさせる瞳が特徴的な奥野には、昭和の礼儀正しい軍人役がとてもよく似合い、登場シーンやセリフは多くなくとも、ひと言ひと言を、きっちり見る者の心に届けた。

 そんな奥野は、そもそも映画ファンには、映画デビュー作でもある『SR サイタマノラッパー』(09)と、主演を務めた『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』のMC MIGHTY役で知られる。シニカルな中に、どこか温かさも感じさせる本作は、入江悠監督をインディーズから第一線へと押し上げた。その後も『男子高校生の日常』の松居大悟監督、『クローズEXPLODE』の豊田利晃監督、『TOKYO TRIBE』の園子温監督、『ソレダケ / that’s it』の石井岳龍監督らとの仕事を重ねていったが、近年の作品で特に印象を残したのは大友啓史監督の『3月のライオン』前編(2017年)だ。ここでのスキンヘッドに眉なしの棋士・山崎順慶は、見た目のインパクトもさることながら、内面の葛藤を強く滲ませ、深い印象を残した。鋭さと土臭さに体温を感じさせる奥野の持つ独特のオーラは、これからも重宝され続けるはず。

いい人にも悪い人にも振り切れる幅を感じさせる、前原滉

『とんかつDJアゲ太郎』(c)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 1992年生まれ、27歳の前原滉は、事務所に所属したのが2015年と、まだ長いキャリアがあるわけではないが、達者な演技と独特の存在感を放つ。一般に認知されたのは2018年の朝の連続ドラマ『まんぷく』(NHK総合)でのいわゆる塩軍団のひとり、眼鏡をかけた小松原完二を演じた時。軍団のなかにあって、ケンカの仲裁をするなど、バランス力のある青年を演じた。また『まんぷく』と同時期に『獣になれない私たち』(日本テレビ)で主人公・昌(新垣結衣)の彼氏、花井京谷(田中圭)の父の若き頃を演じた。そして昨年はNHK大河ドラマ『いだてん』序盤や、田中圭が主演を務めた『あなたの番です』(日本テレビ)のウザ系管理人として爪痕を残した。また2017年の映画『あゝ、荒野』での存在感も光った。

 現在は、『バベル九朔』(日本テレビ)に出演中のほか、上映中の映画『とんかつDJアゲ太郎』では、主演の北村匠海と、加藤諒、栗原類、浅香航大とともに、稼業の3代目ブラザーズとして愛すべき仲間のひとりを好演。また来年はすでに『彼女未来』『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』と2つの主演映画が控えており、また違った顔を見ることができるかもしれない。いい役にも悪い役にも振れる幅があり、サラリとしていそうでいて、頭に残るオーラで、ますます出演作を増やしていくに違いない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる