志村けんさんとの別れに撮影中断 未曾有の事態を乗り越えた、朝ドラ『エール』への賛美

志村けんさんとの別れに撮影中断 未曾有の事態を乗り越えた、朝ドラ『エール』への賛美

 『エール』という力強く前向きなタイトルで始まった、第102作目のNHK連続テレビ小説が最終回を迎え、異例の長期放送を終えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一時は撮影を中断。放送休止を余儀なくされ、共に撮影に挑んでいた大切な仲間の命までもが失われた。誰もが正解がわからないまま模索した日々を乗り越え、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)が海を背景にしっかりと抱き合う姿に出会ったとき、誰もがこの結末に涙しただろう。

 6年ぶりに男性が朝ドラの主演を務めることとなった『エール』で、窪田正孝は視聴者を虜にした。約8カ月にわたり、温厚で優しく、家族思いなひとりの作曲家という役と向き合い、高校時代から老年期までの古山裕一を演じきった。

 窪田の演技は、時に辛辣でリアリティに迫ったものとなり、鋭く視聴者の心を抉ってくる。音楽の道を諦めることに苦悩する時、戦地で直面した無残な現実に身体を震わせ心に傷を負っていく時、その姿は、あまりに生々しく脳裏に刻まれた。一方で、最後まで一身に音を愛し、また友人らに対しても優しさに満ちた眼差しを向ける様子からは、誰よりも細やかな心を持ち、愛にあふれた人柄であることが見て取れる。

 窪田の繊細な表現は、こうしてゆっくりと丁寧に裕一の人生を積み上げていく。『エール』と共に始まる視聴者の朝を時に明るく元気づけ、時に「共に乗り越えよう」と声援を送る、そんな存在だっただろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる