『劇場版ポルノグラファー』メインビジュアル公開 主題歌はドラマ版に引き続き鬼束ちひろが担当

 2021年2月26日に公開となる『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』のメインビジュアルが公開され、主題歌を鬼束ちひろが務めることが発表された。

 本作は、2018年7月にFODで配信が開始され、同年8月からフジテレビにて地上波放送されたドラマ『ポルノグラファー』を映画化するもの。ドラマ版は、祥伝社が発行する漫画雑誌『on BLUE』で2015年5月から2016年2月まで連載されていた、丸木戸マキによる同名コミックをドラマ化したラブストーリー。毎話配信・放送されるたびにSNSのトピックスとして上位にランクイン。その後、2019年2月から2作目となる『インディゴの気分』も実写ドラマ化。本作の原作は、それと同時に雑誌『on BLUE』にて漫画連載が始まった『續・ポルノグラファー プレイバック』となる。

 3作目であり、最終章となる本作は、1作目で描かれた木島理生と久住春彦の、互いを想いながらもすれ違ってしまう、2人の未来について葛藤する姿を描いた、愛と人生の物語となる。

 木島理生役を竹財輝之助、久住春彦役を猪塚健太、そして城戸士郎役を吉田宗洋、蒲生田郁夫役を大石吾朗がドラマ版から引き続き演じる。『植物図鑑 運命の恋拾いました』『弱虫ペダル』の三木康一郎がドラマ版に続いて監督を務めた。

 公開されたメインビジュアルでは、色気たっぷりの主人公2人がセピア調で描かれている。春彦が木島を後ろから抱きしめ、一見愛しあっているように見えるが、2人の視線は交わることなくどこか遠くを見つめている。

鬼束ちひろ

 また、ドラマシリーズの主題歌を担当した鬼束ちひろが、本作の主題歌として新曲「スロウダンス」を書き下ろすことが決定。『ポルノグラファー』の主題歌「Twilight Dreams」、『ポルノグラファー~インディゴの気分』の主題歌「End of the world」を担当した鬼束が手がける本作の主題歌は「スロウダンス」は、真っすぐに深く人を愛する姿を描いており、前2作とは違った「ポルノグラファー」の魅力を表現している。

■公開情報
『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』
2021年2月26日(金)公開
出演:竹財輝之助、猪塚健太、松本若菜、奥野壮、小林涼子、前野朋哉、吉田宗洋、大石吾朗
原作:丸木戸マキ(『續・ポルノグラファー プレイバック』祥伝社 on BLUE comics)
監督:三木康一郎
主題歌:鬼束ちひろ「スロウダンス」(ビクタ-エンタテインメント)
製作:松竹開発企画部
制作:株式会社フジテレビジョン
配給:松竹ODS事業室
(c)2021松竹株式会社 (c)丸木戸マキ/祥伝社

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる