>  >  > BLアニメ『だかいち』への期待

BL原作アニメが続々と地上波に進出 注目作『抱かれたい男1位に脅されています。』への期待

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ数年、ボーイズラブ(以下BL)を原作とした映像作品の増加とともに、メディアミックス展開の加速がうかがえる。特に今年は、商業BL漫画である『テンカウント』(宝井理人作)、『ヤリチン☆ビッチ部』(おげれつたなか作)、『抱かれたい男1位に脅されています。』(桜日梯子作)、計3作品のアニメ化が決まりSNS上で話題になった。そして、『抱かれたい男1位に脅されています。』は、10月5日から地上波での放送が決定している。これを機に、過去に地上波で放送されたBL原作のアニメ作品を振り返っていきたい。

『抱かれたい男1位に脅されています。』

 まず、商業BLの火付け役として『純情ロマンチカ』と『世界一初恋』が挙げられるのではないだろうか。どちらも原作は中村春菊。今年で『純情ロマンチカ』はコミックス刊行15周年、『世界一初恋』はコミックス刊行10周年を迎える。

 作品のあらすじとして、『純情ロマンチカ』は、高校生である主人公が大学受験のため、難関大学の卒業生である小説家から勉強を見てもらうことをきっかけに同居生活が始まる。一方、『世界一初恋』の舞台は出版業界。登場人物は主に社会人であるが、主人公は高校時代の恋愛を引きずっている。何かをきっかけに同居生活が始まる展開だったり、過去の恋愛を引きずっていたりとどちらも王道なストーリーであると感じられた。

 『純情ロマンチカ』のアニメ版は、2008年4月~6月、10月~12月に2期分、その後、2015年に3期が放送。『世界一初恋』も、2011年4月~6月、10月~12月までと春期と秋期にかけてアニメ版が放送されていた。放送時期を見ると、アニメ化が発表された時点で2期の制作は決まっていたと考えられ、商業BLブームへの戦略とも感じられる。これまで地上波で放送されてきたBL作品と比べると、異例の長期テレビアニメシリーズである。

「BL原作アニメが続々と地上波に進出 注目作『抱かれたい男1位に脅されています。』への期待」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版